ワークショップ・講座

ほしのわ~金星の曼陀羅の中に座る私~ 金星内合 3/25.3/28

ずっと温めていたグループワーク 「ほしのわ」を始めます。
星のことを軸に、聞いたり見たり試したり話したりする場です。

星模様などの説明は、聞くだけでなく、自分事として体験.納得し、活用していくことを目的とします。
知ること,見つけることの喜びと、それを使える,できるという喜び。
その両方を楽しんでもらえたら 嬉しいです。

まずは 平日・週末 ともに月一回のペースで ゆっくりと。

一回目のテーマは 太陽-金星-地球の直列、金星内合☆
星のことと 自分の日々のことを結ぶ、神秘的なシンクロニシティを見つけましょう。

ほしのわ ~金星の曼陀羅の中に座る私~
3月25日,金星と太陽は牡羊サインで重なり、太陽-金星-地球の順に直列する内合となります。
内合は584日に一回おきる天体現象。
太陽-月-地球と並ぶ新月にたとえれば、新金星といえるでしょう。


占星術での金星は安定と調和の力を担います。
物質面・精神面の両方での尽きることない成長や豊かさを生み出します。
また個人の出生図での金星は、その人の好み.美意識.正しさなどの傾向、価値観を生み出すのです。

続きを読む "ほしのわ~金星の曼陀羅の中に座る私~ 金星内合 3/25.3/28 "

| | コメント (0)

星模様 土星×海王星・天王星×冥王星  

天体は日々刻々と進行しながら、
他の天体と関わり合い、多様な響きを奏でている。

そこには、気分を鮮やかに切り替える一瞬の響きもあれば、
長期間にわたり鳴り響き大きな転換をもたらすものもある。


響きは必ずミルフィーユのように層をなしている。

そして火星より内側の天体のこと、
特に新月/満月にまつわるあれこれは
私たちが実感しやすい、
つまりイチゴがのってる部分の層ということだ。


5/25満月までの星模様を書いていたのだけど、
ここからの時期は特に、
下の層のことを 確認しておいた方が良さそう。

大きい響きのことなので、大きな話になるけれど、
ちょっと書いておきます。


さて、2013年という年をみると、
日々のハーモニーの最深層/ミルフィーユの下の方では
二つの響きが鳴り続けている。

土星×海王星が生みだす長周期地震動のような響きと
天王星×冥王星が生みだすドラマティックな響きだ。

どちらも強弱はあれど、一年を通じて鳴り響き
無意識とよばれる深い領域に働きかける。


私たちの無意識は、
ここしばらくずっと、
そしてここから先しばらく、
長く振れ幅の大きいユラギと共にある。

それは予感はあっても予測のできない、
心もとない気分をもたらす。


土星×海王星の響きをみれば、
6/26 木星が蟹に移動して合流することで、
水(感情/情緒的反応)のサイン全てが刺激され始める。


私たちは共感できることに意義を感じ、
共感を通じて社会を意識する。

共に感じ、共に生き、
我が身を委ねられるものを求め、
抱きとめてくれるものを求める。


そしてその深層では、
感情を共にすること/共感による深い癒し、
根深い感情の記憶を墓所に葬り、弔い、
そこから解放されることへの渇望が蠢いている。


液状化現象のように、堆積物(感情)が噴出し
建物(建前/自分像)が崩れてもおかしくはない。


感情って…でも書いたけれど、

http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-1fe1.html
このユラギは、世の中を変える程の力を秘めている。


長周期地震動というのは揺れがおさまりにくく、
建物は最初の振動ではなく、
振動に共鳴することで崩壊するのだそうだ。


感情のユラギも同じだ。

誰かの感情が、強い共感をえて
感情がパンデミックした時、
つまりは 感情が増幅した時に、
世の中が勢いよく走りだす様子は、
歴史を紐解けばいくらでもでてくる。


迸る先を求める感情の堆積が、
たった一つの叫び声がきっかけで
制御不能となる。

暴徒となった感情は、
全てをのみこみ 秩序を変える。

その時、時代は動くのだ。


天王星×冥王星の響きの方をみてみよう。

続きを読む "星模様 土星×海王星・天王星×冥王星  "

| | コメント (0)

言葉の力 

11日 地震が起きたあの瞬間
みなさんは どこで何をしていましたか?
長い長い揺れを経験する間
誰を思い、何を思っていたでしょう。

被災された方はもちろん
被災地に縁のある方はもちろん
それだけでなく、日本中の人の意識が
大きく揺さぶられたのだと思います。

余震が続き,電気が止まり,交通機関が止まり
避難所,車内,駅の構内,会社・・・
さまざまな場所で過ごした夜があけた時
私たちは3月12日にいました。

あの瞬間から半日以上の時が過ぎた
11日の朝でも,
10日の朝でもない
12日の朝をむかえたのです。

「夢ではなかったのか」と思った方も多いようです。
「世界が変わってしまった」と思った人も
「なんでこんなことに」と思った人も
「もう戻れない」現実と向き合わざるをえなかった。

そして,それは今も続いています。


星の運行で12日は,
9:50 天王星が魚から牡羊へ移動する大きな節目の日でした。

続きを読む "言葉の力 "

| | コメント (0)

「ここしばらくのキーワード」

2009-2010年にmixiで書いた日記を引っ越してきました。

「ここしばらくのキーワード」  2009/3/23

  

去年、12/13の満月に「あぁ、蓋あけちゃった」と思ってたことが
ジワジワと押し寄せてきてる今日この頃。

ちょうど一年前位から
「魂に恥じない言葉、心に嘘をつかない言葉を語り続けること」
ということがハラにあった。

そして去年の12月の満月は、内に秘めたことに光をあててくれた。


老婆が大地に座り静かに言葉を紡ぐ姿。
誰かに教えるとか、従わせるとか、予言する、とかいった
力を行使し結果を欲するよう言葉ではなく
ただただ息をするように言葉を紡いでいくこと。

満月の光に照らされたのは、そんなイメージのものだった。




続きを読む "「ここしばらくのキーワード」 "

| | コメント (0)