新月.満月・上弦.下弦

2/26 新月/金環日食 ~ハジマリは静かに満ちてくる 

先ほど 月は魚で新月。


月の輝きが空にない新月は、満月と比べて静かで闇が深い。
その闇の中、身の内に入り込んでくるものは、新しいサイクルの息吹。

今日は日食になる新月だから 入り込んでくるものは際限がない。

なんとも表現のできない圧を感じたり
心に細波がたつのは、
いま 自分の身の内に静かに満ちてきているハジマリのせい。


この、いま満ちてきているハジマリが動きだすと
自分がどこに立ち 何を軸として生きるかが大きく変わるかもしれない。


未来に対しての不足感や、
安全で手堅いと思ってきたことの綻び、
気づいてしまった自分の能力.資質や本音・・・

そういったものに姿形を変えて、ハジマリはやってくる。
静かに でも着実に。


心や意識の基点が変わり始めていることを、実感するのは3/5上弦の頃。

続きを読む "2/26 新月/金環日食 ~ハジマリは静かに満ちてくる "

| | コメント (0)

2/26 新月 魚 金環日食 / twitter まとめ2

2月26日

本日2/26 8:05水星、9:24 月が水瓶から魚へ。
明日に日付の変わる直前 23:58 新月。太陽-月-地球と直列し金環日食。
この数年 たびたび心に去来した『信じられるもの』光明を求める気持が強く心を揺らす。
けして自分を裏切らないもの,揺らぐことのない縁を求め、心彷徨う


根底にあるのは痛みの体験。
「もう傷つきたくない」という心身の叫び。
理不尽さが報われ,存在が認められ,愛や豊かさが自分にも平等に届くよう切望する思い。
心身の声なき叫びは「自分を傷めるもの」から離れるよう訴え続け、社会的経済的さまざまな理屈が訴えを棄却。
だまし だまし  きた


シーズン牡羊の炎は、いま在る状態から離れ新生することを強く煽っている。
頭の上で「イマナラデキルカモ」「イマシカナイカモ」 と声がする。
心が湧き立つのと同じくらいに、そうできない様々な事情が心を沈ませる。
今日の新月、その葛藤の幅は「越えるべきギャップ」として刻まれる。

続きを読む "2/26 新月 魚 金環日食 / twitter まとめ2 "

| | コメント (0)

2/26 新月 魚 金環日食 / twitter まとめ1

2/26 23:58 月は魚で新月。
日本では観測できないけれど 金環日食。
心に細波が広がり 自分の古い皮膜が剥がれ始めます。

しばらくの間は 気づきもしないかもしれませんが、
自分の場が変わり 意識の向かう先は変わっていく。
宿命的なターニングポイントになる人も多いでしょう。

新月のことを書く前に 2/19下弦の月からのツイートをまとめました。

 

2月19日

今朝2/19 4:33 射手で下弦。
満月で自覚したもの(前の新月からの結果)を次の新月に繋ぐ準備が始まる。感じてる自分の凸凹を人や社会を通して自覚させられる。
立春頃から「気がつくとやってる.見てる。自分もそう在りたいと欲してる」ことがあれば、今あるギャップを越える衝動が湧く

続きを読む "2/26 新月 魚 金環日食 / twitter まとめ1"

| | コメント (0)

1/28 水瓶 新月 ~ いま ここから これからのことを

本日1/28 9:07 水瓶で新月
そして 旧暦元日、旧暦の新年を迎える。

旧暦では 冬至から数えて二度目の新月/水瓶の新月が正月元日となる。

陰の気が極まった冬至から ふた巡り、
凍てつく寒さの中であっても 陽の気を感じられるようになる。

冬至と春分の中間点、立春も もうすぐ。
身体も心も、ウォーミングアップのタイミングだ。


そんな水瓶の新月だから、テーマは常に「これから」を指向する。

今年のテーマは 「これからの動き/行動/のために準備する」

続きを読む "1/28 水瓶 新月 ~ いま ここから これからのことを"

| | コメント (0)

12/29新月 ・ 天王星順行 ~ そして静かに幕はあがる 1 

本日 12/29 15:52 月は山羊で新月。
11/29射手の新月から約一か月ぶりで月は太陽と重なり、
12/19から逆光中の水星が  側に寄り添う。

日の入りが新月直後16時半過ぎなので
西の空に広がる夕陽の光の中に 月と水星が共にある。

占星術で人間関係を考える時に
太陽を夫/父、月を妻/母の象徴として考えることがある。
水星は太陽と月を繋ぐ役割を持つので 『子』としてみると
父・母・子が寄り添う今日の新月には 『家族や家族の器(家)』 というテーマを加えることができるだろう。


新月の瞬間の位置をみると、太陽・月は数えの山羊8度。

続きを読む "12/29新月 ・ 天王星順行 ~ そして静かに幕はあがる 1 "

| | コメント (0)

12/14 満月の夜に ~ その道を照らすもの

今朝9:05 月は双子で満月。

太陽が沈み東の空へ昇る月は、大気のせいか後光がさしているように見えた。

今夜 水辺に立って月を見上げれば、光は水面に月の道をつくる。
月から自分に向けて光が届くようでもあり、
自分の前にのびる道が光に照らされるようでもあり。



今日の満月
光は心の奥深くへと入り込み
しまいこんで忘れていた自分の宝箱を照らす。

それは自分だけの秘密の場所、創造の庭。

そこでなら 誰からも邪魔されずに
どんな夢も描けるし どんな自分にもなれる。
道具や場所 お金がなくたって
「わたしは〇〇!」と宣言さえすれば なりきることができる。
評価や結果を気にせず、集中し夢中になれる。

続きを読む "12/14 満月の夜に ~ その道を照らすもの"

| | コメント (0)

射手 新月の前に~祝祭の時 ∞11/29 新月∞

自分を突き抜けた満月のあと、11/21月は獅子で下弦。

月は11/20 海王星が順行した時のザワザワした気配を心に持ち込んだから、
突き抜けたはずの(今までの)自分を振り返ることがあったかもしれないね。

下弦の12時間後、11/22 6:22 太陽が蠍から射手に移ると
意識は長く深い瞑想から解き放たれた。

その時からなにかが自分の背中をおし
なにかが時を告げているような気配がする。

自分にとっての"的をえた場"に、姿勢を正して立ちたい気分。

それは、どこか遠くにある(かもしれない)特別な場所を探すというより
"日々の生活"の中で 惑わず ぶれず姿勢を正して立つ自分を目指す感じだ。


次の新月は11/29 21:18 飛び出す射手の新月
今日11/24 4:41 月は天秤へ移り カウントダウンが始まっている。


この新月前の小さな山は11/25-26

続きを読む "射手 新月の前に~祝祭の時 ∞11/29 新月∞"

| | コメント (0)

11/14 満月~ 自分を突き抜ける 

今夜、22:51 月は牡牛で満月。

10/31蠍新月で立った「自分の場」に蒔いた最初の種から「次の自分」の芽がでる。

 

いまの自分を作っているのは、今までの体験や感情の記憶。
そして生れてから常に共にある身体と、
その中で世代を超えて息づく遺伝子や菌たち。

そういった、知ってる・わかってる・決まってる...自分の中に
知らない・わからない・決まっていない自分の芽がでるんだ。

 

この新月の種蒔き、何かの選択や新しい一歩を
意識的にやった人はもちろん
あんがい無意識・無自覚のまま 舵をきった人も多いはずだ。

 

どちらの人にも共通しているのは、ここしばらくの間の自分の意識が、
その蒔いた種 つまりは「次の自分」の方と共鳴しがちだった、という傾向。

 

たとえば10/31新月直後からの 奇妙なテンションの高さは
まかれた種の中で始まる 命の目覚めのよう。

新しいところへ分け入っていくような体験
いつもの自分より大胆で、贅沢で
ふくらんでいく気分や 楽観的な展望

 

それが11/8上弦を過ぎて、壁にぶつかる
芽が種の固い殻にあたるように。

そして芽が種から出る場所を模索するように
気分は楽観と悲観の間を行き来しただろう。

元の場所に戻ろうとすると窮屈だし、先に進もうとすると壁にあたる

なんだか暗いところでもがいてる気分は
殻からでた芽が土中を地表に向けて伸びていたのかも。

続きを読む "11/14 満月~ 自分を突き抜ける "

| | コメント (0)

11/14 満月~ tweet まとめ

11/8
今朝、月は水瓶で上弦。
新月で心に響いたコトが、思ってる以上に身に沁みていることに気づく。
それは、大好きな人やお気に入りの場所が「今までと違う」と感じて気付くことが多いかも。今までとは『視てるものが違う』んだね、自分が。
関係性の変化を嫌って自分の想いや視点を曲げがちな今日この頃。

11/8
そうやって想いを曲げたり押し込めたり断念したりしてもOK。蠍新月で心に響いたものは、そんなにヤワじゃないから。 自分を曲げるための理屈の下で、自分が心から欲しいと思うものは着々と骨身に沁みている。
次の満月、その想いは自分の身に満ちる。
満ちて、ハジマルんだ、手に入れる道。

11/10
10/31蠍新月から始まった上昇は11/14牡牛満月でピークを迎え下降に転じ次の新月へ。
月の巡りは気分や気配に入り込み、ふとした時に気分を揺さぶり言動を引き起こす。
その動き、新月から満月は外に、満月後は一瞬の「タメ」があって 下弦位から内へ向かう。

続きを読む "11/14 満月~ tweet まとめ"

| | コメント (0)

10/31蠍新月の前に ~ 星模様とTweetまとめ

10月は天秤新月で始まり、蠍新月で終わる。

旧暦では新月から新しい月が始まるから
10/31の新月は2016年10月の終わりと、旧暦10月神無月の始まりが重なる。

これは暦のことだけれど、
この終わりと始まりが混在する感じは今回の新月の気配と似ている。

さて、今年に入ってから続いていたテンションの高い疾走感は
秋分を過ぎた頃から徐々にペースダウン。

うねるようにヒトカタマリになって過ぎていったことが
一つ一つの形として想い出されたり
形に紐づいた感情がよみがえってくる。

変わったことや変わっていくことに
「これでよかったんだっけ」と自問自答する。
そんな時期だ。

 

ちょうど今、月は太陽の待つ蠍へ向けて天秤を進んでいる。

そういった、この時期ありがりな気持ちが揺れること、過去への愛着があふれることに かっこ悪さを感じるかもしれない。
自分が嫌になったりしているかもしれない。

続きを読む "10/31蠍新月の前に ~ 星模様とTweetまとめ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧