« 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ | トップページ | 1/7 約束を結ぶ~ 太陽・冥王星の合 そして水星順行へ »

そして静かに幕はあがる2 ~ 二極を作る木星・天王星と見守る星々

そして静かに幕はあがる1 の続きです

ひとつ前の記事で書いた「天王星・木星・冥王星のコンビネーション」

それは こんな感じ ↓ 

       (山羊)
       冥王星
         |
(牡羊)    |   (天秤)
天王星 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄木星

天王星と木星が180度、冥王星がそれぞれと90度を組む、Tスクエアという配置。


天体が180度になる時は12サイン360度で正反対の位置、二極を作る。
ピンと張った糸の両端のように、互いの動きが連動する。
どちらかが鎮まれば凪ぐけれど、どちらかが動けば動きは反復し増幅する。
静と動を孕むセンシティブな角度だ。


90度は横槍が入るような真横からくる力。天王星・木星は二極を作りながら、冥王星の重圧も受け続けていることになる。

牡羊は存在のための衝動のサイン。人でいえば新生児、理屈も損得もなく生きることに全ての力を使う。
天王星は2010年夏に短い滞在をした後、2011年3/12から本格的に牡羊を進行し衝動を煽り続けている。最初は生きること/生き延びることを、そして今は自分を生かす場を獲得するための衝動を。

天秤の木星は環境の四方八方に意識を広げ、個を抑えて環境に適応しながら、自分を活かせる環境(場や人の集まり)や社会での存在意義を探る。

二極は相関関係。木星が個を弱め環境を広げると、天王星は環境に負けないように個の存在を煽る。牡羊-天秤の二サインは活性化し常に更新される。

この木星-天王星の二極性が強まり始めたのは昨年 11/29新月の頃で12/19からは ほぼ一直線に並び、12/27最初のピークを迎えている。

いまの時期 Tスクエアを作る山羊からは冥王星の重圧だけでなく、12/19水星逆行、12/21冬至と強い刺激が入る。
特に12/29 山羊新月/太陽水星月の直列は二極を強く刺激、直後に順行に転じた天王星は木星に時を告げ、自分の新しい舞台の幕が静かにあがり始めた。


射手の土星は二極の攻防/新陳代謝をサポートしている。
個人的にも社会に対しても、自らの属性や来し方を問いかけ 望む道への所以を問いかけ 「これでいいのか」と焚きつける。

また、海王星が拡散している『未だ見ぬ次元・聖なるものへの接触』という預言は、土星の問いかけを高尚に ドラマティックに彩りがちだ。
「この道を進むことの意味」を自問自答して迷ってしまう時は、意味ではなく「認めてもらえるか、成功できるかどうか」の方が大事な悩みなのかもしれないね。


さて、この木星-天王星の最初のピークは3/12満月まで、余韻は4/3頃まで続く。(次のピークは9月なので、別な機会に書きます。)
その間、活発化する二極の間にピンとはった糸を、他の天体が刺激しては火花を散らし 音を響かせ 気配を揺らす。


直近では1/7から 1/12満月をはさんで2/3頃まで。
天空は 一足早い春雷の光と音で満ち、私たちは光の洗礼を受け続ける。

たとえ どんな生き方をしていても、光明は降り注ぎ続ける。
日常の中にある光に気づくことで、届かないものに虹がかかり、奇跡をおこすことになるのだろう。『光なんて無い、自分にはあたらない』と感じ、そこから脱したいと考えるならカーテンを開き サングラスを外し 目を開いてみよう。

いまは光に背を向けたい気分なら、無理せずに。
時は、必ず巡るし、そういう時だってあるさ、2017年だもの。


☆長くなるので、次の記事で 関連するtweetをまとめます。

そして、このコンビネーション、しばらく続くので また書きます。
射手新月あたりから書き考えたエスキースが、かなりの量あるので たまには日の目にさらさないと(笑)

|

« 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ | トップページ | 1/7 約束を結ぶ~ 太陽・冥王星の合 そして水星順行へ »

天王星・海王星・冥王星」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

木星・土星/ジュピターリターン・サタンリターン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ | トップページ | 1/7 約束を結ぶ~ 太陽・冥王星の合 そして水星順行へ »