« 12/14 満月の夜に ~ その道を照らすもの | トップページ | 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ »

12/29新月 ・ 天王星順行 ~ そして静かに幕はあがる 1 

本日 12/29 15:52 月は山羊で新月。
11/29射手の新月から約一か月ぶりで月は太陽と重なり、
12/19から逆光中の水星が  側に寄り添う。

日の入りが新月直後16時半過ぎなので
西の空に広がる夕陽の光の中に 月と水星が共にある。

占星術で人間関係を考える時に
太陽を夫/父、月を妻/母の象徴として考えることがある。
水星は太陽と月を繋ぐ役割を持つので 『子』としてみると
父・母・子が寄り添う今日の新月には 『家族や家族の器(家)』 というテーマを加えることができるだろう。


新月の瞬間の位置をみると、太陽・月は数えの山羊8度。

天体の通り道 黄道360度一度ごとに意味を考えるサビアンでみると
山羊8度は 「Birds in the house singing happily/幸せそうに歌う家の中の鳥」

自分の理想の家(家族)や集団・環境をみつけ、安住の場として そこに貢献し、そこで力を溜めるという意味になる。

偶然にも、リアルな天体の重なりの印象と
天体の位置でチャネルされたスピリチュアルなテーマが重なる。


今日は太陽が沈む直前の新月なので 天体はホロスコープでは7室に揃う。
同じ7室には冥王星も入室しているので、家族/家という意味には先祖や子孫(親・子孫)という深さが加わる傾向になる。

家族/家の意味が拡大適用されて、自分が所属する「家族のような存在の」社会や団体、土地や民族や魂などの同じルーツを持つ者などがテーマになる人も少なくない。
ここ数年来の「自分はどこから来て、どこに属し、何を成すのか」という想いが答えを求め、性急な動きを起こすかもしれない。


深さや大きさはさまざまでも、2011年来の『自分自身の属性と場』というテーマに刺激が加わることは 確実だろう。


今夕 太陽は月と水星を抱いて 西の空に沈む。
西は東(日の出・ハジマリ)からみて  いちばん遠い場所。

自分が理想とする家や集団が、たどり着くには遠くみえる...って感じ。
既に 自分の身の周りにあっても、だ。

また夕刻の太陽・月・水星の三重奏に刺激され『私の生きる場はこれだ!』と閃いたことが、一瞬で日常の喧騒の渦に沈んでいくのだろう。

でも、大丈夫。
それは ひとりひとりのアンテナに記憶され
たどり着く時、思い出す時に、時を告げるのだから。


さて、大事なことを書いておこう。
12/21 冬至で蒔いた未来の種は内に力を蓄えてきて今日の新月で満ちる。
妊娠して初めて胎動を感じる時のように、身の内の種の"動き"を感じる。

「そうだ、あの時こう思ったんだった」と思いを新たにすること。

変わりつつあることを 「未来の種をまいたからなんだ」と受け取ってみること。


それは小さな手間だけど、春分の芽吹きを左右する位に大切なこと。
自分を窮屈にする狭い物差しや 色のついたメガネは 大掃除で捨てておこう。


この新月の余韻の中、18:34 天王星が順行する。

11/29 射手の新月前後から活発化している天秤木星・山羊冥王星とのコンビネーションに強い衝撃が加わる。

このコンビネーションは 物質的・精神的 さまざまなレベルで新陳代謝を活性化している。今日の新月のテーマを重ねてみると 何かとの繋がり・ご縁的なものが『一皮むける』タイミングになるかもしれないね。


(そして静かに幕はあがる2に  続きます)


|

« 12/14 満月の夜に ~ その道を照らすもの | トップページ | 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ »

天王星・海王星・冥王星」カテゴリの記事

新月.満月・上弦.下弦」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12/14 満月の夜に ~ その道を照らすもの | トップページ | 木星・天王星・冥王星~ tweet まとめ »