« 11/14 満月~ 自分を突き抜ける  | トップページ | メモ 2 ~ Another worldと数と12サインなど   »

メモ 1 ~ Another worldと数と12サインなど  

(海王星のこと書こうと思って下書き始めたら、けっこうなボリュームになってしまいました。メモ代わりに記事に残します。
数がツボの人、いるといいなぁ^^)


個人的なことなのだけれど、Another world Another life というセッションを始めてから10年がたった。...たっていた(笑)
実はすっかり忘れていたのだけれど、ひょんなことで気づいての今。


思い出すきっかけは、RさんからAnother world...の予約をいただいたこと。
10/26のことだった。
Rさんは、ふと思い立ったようで、
私も 『あっ、これ 蠍の新月だなぁ』くらいに思っていた。

「見えないけれど強く影響しあっている縁」たちと集うAnother world...は、もともと水サインと相性がいい。
Rさんは俗にいう「蠍座の人」ではないが、高感度のアンテナを蠍に持っている。
この時期にセッションを思い立ったのは、そのアンテナが時をキャッチしたからだ、と。

でも、話はそれで終わりではなかった。

ブログの予約状況を更新しようとして、ふと「リンクを確認しとこう」と思いAnother world ...のページへ。

そうしたら 『2006年秋から始めた』と書いてあった。

今年で 10周年!

一気に気持ちの流れが変わった。

しかも2006年の手帳を確認したら、Another world Another life の初セッションは2006年10/26。
Rさんが思い立ってメールを下さった日が、10周年の日だったのだ。


あぁ、これは、時を感じている人がいるはずだからシェアしよう。
そう思って、10/30からのAnniversaryを決めたのだった。

 

ご案内の下書きをしながら、10年を振り返る。

最初は一年に一回くらいの頻度で期間も限定してご案内していた。

そして2013年秋、鎌倉から転居と同時にセッションを休止。
2015年8月末に再開するまでは、リクエストがあった時だけ承る 「隠れメニュー」だった。


紙に年表のように書き出してみる。


休止した2013年9月は8年目で8周年直前。

再開した2015年8月末は9年目で9周年直前。

そして今回は10周年当日からの動きで
いまは11年目が始まっている。

「あぁ、そういうことか。」
紙の上の8→9→10→11という数の並びをみて 合点がいった。

ちょっと長くなってしまうのだけれど、数について説明を書いてみる。


一の位、1→9を時系列で考えると、1は初めの一歩。


1で大地を離れた片足を2では大地におろす。
再び二本の足で立つ。最初の安定。動きは止まる。


3は安定したから出せる二歩目。次の動き。12サインに対応させると3は双子サイン。支配星は水星。どちらも移動や動き。


4は二回目の安定。「動きの次は止まる」というパターンが生まれ、パターンができることで2より強く安定する。1で始めた特異なことは日常化、普遍化する。


5は冒険の一歩。4の日常/安定から、さらに一歩進む。4で囲われた環境に新しい視点を創造する。


6は場の完成。2の安定が3回繰り返されて6になる。動きを受け止めて溜める偶数の安定の中に、3という動きがある感じ。
12サインに対応させると6は乙女サイン=ローカルルールの通用する小さな社会、環境。


7は6の「環境」から一歩出る。それは5の冒険よりも意図的で挑戦的な一歩だ。
7は天秤サインで多様性。異なるものとの出会い。天秤サインは差異を知るための比較とバランスさせるための鋭敏な動きに満ちている。

また故ホゼ・アグエイアス氏が提唱した銀河時間
(*注)の体系の中では、7に「共振の」という音が振り当てられている。13でめぐる数の中心にあって、1-6までと8-13までの二つを共振させる数という意味だ。
(*注 特に「13の月の暦」で知られている)

2に続きます

 

|

« 11/14 満月~ 自分を突き抜ける  | トップページ | メモ 2 ~ Another worldと数と12サインなど   »

12サイン」カテゴリの記事

Another world」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音・光・数・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/14 満月~ 自分を突き抜ける  | トップページ | メモ 2 ~ Another worldと数と12サインなど   »