« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

6/30 火星順行など ~tweet まとめ

6/27
月は先ほど3:18 牡羊で下弦。
夏至頃から、動くこと、そして動いたことで生じた歪みの調整に力を使う星模様が続いている。
「落差の発覚や亀裂や歪みができたのは不運な障害ではない。自分が動けたから。」って考えてみよう。
力使う星模様の時はタフになる。向かう方向をプラスの方へがオススメ

6/28
このタフな日々は、しばらく続きそう。
同時に心身をケアするのによい時期でもあるので、タフに動いたら きっちり休養を!!という流れになっている。星模様、うまくできてるなぁ☆

6/30
本日6月最終日。企業は期末や決算。神社では夏越しの祓えの神事、半年の穢れを祓う日。
12ヶ月のカレンダー的には折り返しな日。
かたや春分/太陽黄経0゚スタートの星模様では、夏至(90゚)を越えた太陽が99゚まで進む。
一周360゚の旅程で27.5%達成な本日

続きを読む "6/30 火星順行など ~tweet まとめ"

| | コメント (0)

Rainbow dragon ~夏至&満月のあとで

6/20 2回目の射手満月 & 6/21夏至のコンビネーションで、
流れがグッと変わったと語る人が多い。

うかがう話の内容は様々なのだけれど
こういった星模様が気配を変える時期の個人的な出来事や体験を時系列で並べると、
その時の星の動きと見事に呼応している。

もっと言ってしまえば、
出生図(生まれた時の星の配置)に保存してきた
自らのタイムスケジュールにそって、
その時々の環境の中で 最大限の選択をする。

欲しかったものとは違うことも多いけど、
自分の描きたい人生/物語に必要なものに出会い、縁を結ぶ。

特に"転機"となる時期を過ごしている人は、
「まさに、いま! 」というような
"時に応じた動き"になっていることが多い。

そう、わたしたちは、
あんがい ノリのいい生き物なのだ。

 

続きを読む "Rainbow dragon ~夏至&満月のあとで"

| | コメント (0)

夏至の日の出の音~ 6/21 夏至

今日6/20射手満月のことを書いている途中なのだけど、
夏至の日の出の音について質問がきたので 以前書いた記事を ご案内します。

2012/6/21 夏至に想うこと 
2012/6/22
夏至の日の出の音 


今年の夏至は 満月のあとすぐ 6/21 7:34  日の出は  4:25

明日の夏至の星模様が美しいのは、 夏至の響きに金星の響きが重なるから☆

金星は 愛と悟り、調和と成長の響き。
そして今夜に引き続き、
柔軟サインのグランドクロスは多彩な音を響かせる。

6/18から回り始めていた水のサインのグランドトラインは、夏至をこえて勢いを増す。

地サインのグランドトライン(4/6-6/13)で乾ききった心を潤し、誰か/何かと繋がること  結ばれることでの至福を歌い上げるだろう。


4月位から急に冷えてしまったご縁や忙しくてケアできなかった大切な人との関係
そして何よりも無理させてきた身体や心

明日の夏至からしばらくは ケアしたり仲直りしていくタイミングに使うといいよ。


この夏至の日の出の音を、耳で聞くのは難しいかもしれない。
それでも、身体や心は 大地や宇宙と響きあう。
深く  広く  大繋がりを思いだし 命は 瑞々しく再生する。

2016年の夏は、 夏至のタイミングを大切にしてこそ 輝ける熱い夏になるからね
まずは7/4 新月まで、  胸いっぱいの愛を

| | コメント (0)

6/20射手の満月 ~上弦からのtweet まとめ

6月12日

今回の新月、やっぱり風にのって たくさんの種が届いていた⭐
月は6/10夜乙女に入り、間もなく17:09上弦。新月からのあれこれが地サイン乙女に着地、届いた種を実感するいま。
そこには5/20位からの気分の変化、6/5からの体験、そこに至る ここ数年の状況も重なっている。

続き) 上弦は新月でハラに宿ったものの胎動を感じる時。人なら受精した胎芽が「生まれる!」と決め,着床し胎児となるタイミング。
だから、新月で願った事、踏み切った事に「これ育てますよ、いいですかー」と真意を問われる時になる。今回、無自覚に宿ったもの多いから「突然の妊娠」的な衝撃かも。

6月12日
月は上弦を越え6/20満月へ進む。6/5新月頃からの出来事をうけ、今夜ハラを決め明日に臨む人も多いだろう。もしそうならば明日は何かを正そう,解らせようと力まずに。同じになる事だけが正しいわけじゃない。
明朝、水星は双子、月は天秤へ。考え抜いた言葉より、シンプルな一言の方が扉を開く⭐

続きを読む "6/20射手の満月 ~上弦からのtweet まとめ"

| | コメント (0)

地サインのグランドトライン は6/13まで~tweet 補足とまとめ2

補足とまとめ1の続きです。

6月9日
6/8-10 一瞬で駆け抜けた火サインの高揚を記憶したまま月は乙女へ いま 月は6/5新月からのテンションの高さを地サインの渦へ投入中。 息を調えておくタイミング。 いろいろだった一週間、  ふりかえってみよう。


6月9日
昨日6/8  15:46月は獅子サインへ。天王星@牡羊と土星@射手と共に火サインのグランドトライン(GT ) 地サインの長期熟成GT(4/6-6/13)中に何回かある一瞬の息継ぎのタイミング。 今回は、双子の持ち込む新鮮な空気をえて、火は勢いよく回る。


6月9日
火サインの火は燃え立つ命、強い意志と高揚する精神。そこでは去年から「意味ある日々・意義ある人生」を創造するために、牡羊天王星と射手土星が丁々発止のやり取りを続けている。 もう一つの火サイン=獅子に天体が入ると、火は2つの炎から3つの火炎となりサインを回る。

続きを読む "地サインのグランドトライン は6/13まで~tweet 補足とまとめ2"

| | コメント (0)

地サインのグランドトライン は6/13まで~tweet 補足とまとめ1

2016年春から夏の星模様を眺めるときにチェックしておくといいのはグランドトライン(GT)

今は4/6から続いている地サインのGTが終息する直前。

前記事で書いたサインのグランドクロスは同じ動きの4つのサインの十字+
この記事で書くサインのグランドトラインは、元素(エレメント)が同じ3つのサインが回すトライアングル△

元素は火・地(土)・風・水の4種類、
12サインを4種類に分けると同じ性質のサインは3つ。 

サッカーで息のあう3人がパスを回すと長く続くように、GTはサインの性質を回し続ける。
熱や勢いをもったり弾き飛ばしたり巻き込んだりする△

天体は各々の周期があるから、参加する天体で回す期間も変わる。

期間の長短は強さや重さや深さを変わるのだけど、GTの基本は継続的な動きだ。
継続する動きは精神的にも実際的にも様々な変化をうむ。
そしてその変化は、たいていは動きがとまった時に実感することが多い。


2ヶ月以上続いた地サインのGTが終息するのは明後日6/13 8:23
ということで、関連tweet まとめておきますね 

続きを読む "地サインのグランドトライン は6/13まで~tweet 補足とまとめ1"

| | コメント (0)

6/5新月 ~ 死神と悪魔は 新しい扉を切り開く3

(前記事からの続きです

この関係性のフィールドでは、2015年秋から緊張の種類が変わってきている。

2012年秋からの蠍土星の緊張が「繋がり続けたい」という欲求からくるものだとすると、いまの緊張は個々の内的な膨張が引き起こしている関係性のアンバランスさ。
それは、理不尽な力関係 、無言の同調圧力、親切心や教育的(指導的)精神に由来する差別や暴言といった形で現れる。

学んできた知識 信じてきたものの崩壊も然り。

関係性を なんとか良くしようと尽力するのに それが実を結ばない。
その事に消耗させられる事も。

もはや 一新して、意義ある人生 自分を活かせる関係を探そうという衝動が高まるけれど、 その時に失うであろう(or 失わねばならぬ)ものへの理不尽さが それを遮る。
「なぜ 自分だけリスクを負わなければいけないのだろう」 と。

続きを読む "6/5新月 ~ 死神と悪魔は 新しい扉を切り開く3"

| | コメント (0)

6/5新月 ~ 死神と悪魔は 新しい扉を切り開く2

(前記事からの続きです)

新月の印象を強めた グランドクロスは、前述したように6つの天体が作る。

     < 魚 >海王星
        
         |
< 双子 > ――――  < 射手 >
太陽+月(=新月)    土星
金星      |
                  
            <乙女> 木星

星模様は太陽系の10の天体を基本によむのだけれど、そのうちの6つまでが グランドクロスに参加している。

少し説明すると、 サインは空の太陽の通り道(黄道)360度 30度ずつ均等に分割した位置情報の物差し。 1つのサインの幅は30度になる。
例えば今回の新月は、太陽と月が双子サインの14度53分というように記す。

そんなふうに どの天体が どのサインを どんな風に進んでいるか... というのが星模様と考えると わかりやすい。
(個人の出生図は生まれた時の星模様。 人は生まれた時の星模様を身にまとうので、 可能性や縁・タイミングは出生図に記される)

続きを読む "6/5新月 ~ 死神と悪魔は 新しい扉を切り開く2"

| | コメント (0)

6/5 新月 ~ 死神と悪魔は新しい扉を切り開く 1

本日 11:59 双子で新月
前記事に書いたように、種まきの新月。

新月は、地球から見上げる同じ場所に太陽と月が巡るタイミング。
夜空に月の姿はみえない。

姿形や昇る時間は変わるけれど夜空に必ずある月が見えなくなる新月は、 見上げるものからしてみれば 心の揺らぐタイミングなのだと思う。
特に夜が暗く、朝日が待ち遠しかった頃は。
月明かりがわからない位に明るい夜を過ごす私達。
それでも新月/満月に心身の変調を感じる人が多いのは、月星を見て暮らした頃の記憶が受け継がれてるのかもしれない。

その姿を消した翌日には細い光が空に戻り満月へ向かうことから、新月を1=周期のハジマリに使うことは多い。
月と太陽の暦、 旧暦の月の始まりは朔日(ついたち) 朔(新月)の日というように。

続きを読む "6/5 新月 ~ 死神と悪魔は新しい扉を切り開く 1"

| | コメント (0)

6/5 種をまく新月・グランドクロスと共に

blogお休みが続いていてすみません。
前回、blogに書いたように 5/22頃から小さく始めた事があります。
そうしたらですね、 ホロスコープと見つめあう日々が続き
「なんだか周りが慌ただしいな」と思ってみたら明日は もう新月💦

あわてて blog開きました。

さて、明日の新月は11:59 双子の新月
太陽と月の会合に金星が重なり 美しい三重奏を奏でます。
少し前から天空にはグランドクロスとよばれる十字架が描かれているのですが、 それが明日の三重奏に呼応します。

このグランドクロスを長い時間軸で考えると、以前記事にした天空の十字架の情熱的な動きを 実際的なものとすり合わせ、落とし込んでいく感じのものになっています。
(参考)
聖なる夜に~天空の十字架

続きを読む "6/5 種をまく新月・グランドクロスと共に"

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »