« ふりかえる2 新月と数の力:スタート | トップページ | ふりかえる3 満月と数の力:周期の完成 »

そろそろ本気 ~4/17から冥王星逆行

ふりかえる3の前に、さくっと冥王星逆行 

tweetしたように
冥王星は4/17の逆行直前。ほぼ停滞してる。

・twitterから引用・・
前回2014年4/15の逆行は、
火星.木星.天王星とグランドクロスを作りながらの転換。

今回は緊張感は去年より緩い。

とはいえ たたみこむ場所が場所だから.
.現象も感情も本音/本性も、噴出はとまらない。
カミングアウト、固く閉じていた口が開く

・・・・・

冥王星の一巡りは約250年。
寿命を80年としても三世代分。
海王星と共に、一人の人生を超えた周期を持つ。

だから冥王星,海王星の影響は
日常的な言葉に翻訳することは難しい。

影響が目にみえる出来事として現れるには、
他の短い周期の天体が同期し、
ピックアップとして働かないと無理。

天王星であれば 約84年の周期。
その周期に意識的になれば
けっこう楽しく活用できる。

もちろん電光石火な天王星だから
冷や汗はかくけれど。

 

そんな冥王星/海王星でも
年に2回、巡りの転換する時には
その存在を ひしひしと感じることがある。

ああ、もしかして、これって、たぶん・・・という程度だが。

逆行前、順行前の天体は
その進行のペースが落ちてくる。
長い周期を持つ天体は、停滞気味になる。

ということはサインの特定の度数に
長い期間に渡って力がかかるということだ。

転換が 逆行/順行どちらでも、
向きは違えど来た道を戻ることになる。

テーマが 変わるわけではない。

逆にずっと力がかかっていた特定の度数で
力のかかる向きが転換するということは、
そのテーマが強調されることの方が多いだろう。

そこに、月の朔望や、太陽の節目、
他の天体との絡みが重なると
強調のされ方は、目に見えたものになりがちだ。

たとえば、2014年秋分のように。

参考記事 実況版 冥王星順行 

さて、冥王星は山羊サインの数え16度で逆行する。

一つ前の15度が、サイン30度の真ん中
最深部であり、力のピークだとすると
16度は ピークを超えた先になる。

松村潔さんは、16度を「殻をやぶる」と説明している。

山羊は器の完成。結晶化。
形を極め、純化し管理統制し、
型を守り永らえるように指向するサインだ。

去年の秋分以降ずっと順行だった冥王星が、
数え15度で押しに押しまくった山羊の型に
亀裂が入って 中身がのぞくのが16度。


時期的なことをいえば、
それは 先月 3/1の頃。

山羊 15°00′数えの16度に
200年以上ぶりに 冥王星が到達した。

だから、外見が堅固にみえるものでも
中身に柔らかいものが浸入しているはずだ。


ここで、何が入り込むかのヒントは
向かいあう蟹サインにある。

水サインのもつ情緒感や気分。
形や言葉にならないようなものたちだ。


自覚しててもできてなくても、
自分が守り続けてきた自分の形、
名誉や肩書き、社会的な立場、役割、
自分の逸品、こだわり、スタイル、積み上げたもの。

その内奥に水っぽいものが入り込み
揺らぎを感じさせている。


山羊の支配星は土星だから
サタンリターンを迎えている人や
55-65歳の土星期の人たちには、
自分のスキルや身体が、
世に通用しなくなったことを
骨身にしみて感じる人も多いだろう。


水っぽいものが 悪いというわけではない。

それは無機質な山羊の世界に
有機的な色合い
命の色彩を持ち込む。

硬い殻の内側に命が宿るようなことだ。
命は成長し、
時が満ちれば殻を割るだろう。

単純に書けば、今までの山羊が死に
新しい山羊が始まる。
死と再生のストーリーだ。

冥王星が揮う力は、死と再生/破壊と再生。
それは どのサインに対しても。

物質的な出来事を統括する山羊サインに
冥王星が力を揮うということは、
形あるもの、目にみえることに、
破壊と再生新陳代謝がおきるということ。

今回は20数年かけて。


シーズン山羊  中盤戦に入り、
冥王星は そろそろ本気だ。

その本気モードの最初の場所で
冥王星は いったん力を緩める。

ここから 深く逆行し、
9/25に順行すると
一気に力を戻していくだろう。


去年の秋分から、
とりわけ 1月の新月から、
身体のどこかが感じている
言葉にならない 説明のつかない何か。

それは 知らぬ間に
自分の舞台を動かしているはずだよ。

冥王星が 逆行する17日からしばらく
6/3満月の頃まで
舞台が どう動いてきたのか
チェックしてみておこう。

私が人生を生きている舞台、
社会や環境といったものにも、
いつもより 意識的であった方がいい時だ。

そうしておくことで、
たとえ回り舞台の上であっても
ウネリを楽しみながら 進めるはずだ。


そろそろ 本気。
そろそろ 本気だから。

|

« ふりかえる2 新月と数の力:スタート | トップページ | ふりかえる3 満月と数の力:周期の完成 »

新月.満月・上弦.下弦」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふりかえる2 新月と数の力:スタート | トップページ | ふりかえる3 満月と数の力:周期の完成 »