« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

火星~軽く掘ってみました

限定版の星の言魂「春分~」の準備をしながら
星のことで「なんか匂う」と気になったことがいくつかあります。

メモしておいたものを少しずつ掘り下げてるのですが、
もしかしたら興味ある人もいるのでは?と
オタク過ぎないものを公開してみることにしました。

「それ、私も気になってます」的なコメント、大々的に募集します。

いただいたコメントを合わせ複数の視点で掘り下げたら
思いがけない発掘があるのでは…と思っています。

トピックの、言葉や日付にピンときたでもいいし
その時こんなことがありました~でも
似たような話し(占星術以外でも)知ってますよ~でも。

星模様は、感じ方も考え方も100人100様。
感じたこと思いついたことあったら、ぜひ お聞かせください。
いただいたメッセージを加えながら火星探索してみようと思います。

コメント方法
記事下方のコメント欄に下記*項目を記入の上、送信してください。
承認性なので直ぐは公開されません
*メッセージ
→ピンときた箇所や感想、エピソード的なものでも。
*お名前(実名でなくてかまいません)
*コメントの公開の可否


*私ならこう解釈します~とか(コレは嬉しいかも)
こんなふうに展開して欲しい~(コレもモチベーションあがります)など
リクエストもどうぞ。

注:個人的な相談事は対応しかねます。
予めご承知くださいませ。

今回のトピック
「火星はサイクル毎にテーマを予測して、活用できそう☆」

続きを読む "火星~軽く掘ってみました"

| | コメント (3)

月とインナーチャイルドと~2


前記事からの続きです


そうやって「不快で理不尽な体験」の記憶が、
理解と納得を通じて「必要な体験」へと書き換えられると、
理不尽さや悲しみの感情は解放されていく。

一度では難しくても、理解は「過去の体験」と
それに結びついた「感情」を分離し、書き換えていくだろう。

ただ、あきらめ押し込めたものは、
その機会を持てないままでいることが多い。

放置されたまま、時には蓋をされ
思い出さないようにしている時もあるからだ。

タイトルにある「インナーチャイルド」は
セラピーなどの場でよく目にする言葉だ。
インナーチャイルドは(自分の)内なる子供。
天与の豊かな可能性と創造の力。

それは、占星術で考えるところの"自分の月"と
深く関連すると考えられる。

続きを読む "月とインナーチャイルドと~2"

| | コメント (0)

月とインナーチャイルドと~1

「2/19の新月を前に~月のこと」
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/219-35f5.html
「新月~小さな自分に会いに行こう」
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/219-1be8.html
からの続きです


先日の記事で書いたように、生まれた時の月の位置は
乳児期に取得した快/不快の感覚を記憶し続けて
その人の心地良さ.幸福感.満足感の基準を作っている。

それは月がどのサインのどの辺に位置し、
他の天体とどう関わっているかなどで異なる。

例えば乙女サインは秩序のとれた状態を身上の一つとする。
生まれた時の月が乙女にあると
(注「乙女座のあなた」は太陽のことです)、
秩序のとれた乙女的な状態が、安堵し満足するツボということだ。

秩序といってもマイルール的なもので、
自分が感知する範囲だけ秩序だっていれば満足な事が多い。

同じ乙女の月同士でも、良しとする秩序は異なる。
だって、マイルールだもの。

そして感知する範囲の広さも異なってみえる。
また、マイルールを通したい欲求の強弱や、
マイルールを阻害された時の反応の仕方も違うのだ。

そんなふうに月の望みは個々に違うのだけど、
表れ方は似通っていて、たいてい欲求や願望として表れてくる。

 

続きを読む "月とインナーチャイルドと~1"

| | コメント (0)

2/19 水瓶の新月 旧暦元旦

明朝 2/19 8時47分 水瓶で新月

1/20水瓶サインに入った直後の太陽と重なり巡りを更新した月は、
再び12サインを一巡し天体と順番に交感し、
魚サインに移る直前の太陽の元に戻ってきた。

月はサインの雰囲気や天体の奏でる音に無自覚かつ敏感に共振し、
同じように私たちは刻々と変わる月の揺らぎに無自覚かつ敏感に共振する。

月が日々サインを巡りながら動かすものが
個人的な気分や環境/集団的な雰囲気を生み出している

いま月は、太陽の放つ金色の光の縁に達し
細かく振動し旅の記憶を光に溶かしている。

そうして明日、
太陽と共に東の空に昇り新たな巡りに向かうのだ。

今夜なんとなく落ち着かない人は、
月の作る終わりと始まりの気配や、
月が持ち込む星模様の複雑さと同期しているのだろう。

ざわついた気分が気になるならば今夜は眠るのが一番。
なるべく暗く静かにして頭のおしゃべりを休め、
月と共に再生しよう。


また新月の日は朝日を拝むのもいい。

新月の朝日は、見えないけれど太陽と共に月が在る。
太陽は陽、月は陰。
男女が和合し新しい命が生まれるように、
陰陽が和し合する光は創造の力に満ちている。

とりわけ明日は旧暦の元旦だ。
自然の巡りの上の初日の出になる。

月の巡りと太陽の巡り、短い目標と長い目標両方をセットできるってことだ。
太陽/月は射手の土星を挑発してるから、
迷うことなく目標に向かうオプションを手に入れている…と考えてもいいね。


続きを読む "2/19 水瓶の新月 旧暦元旦"

| | コメント (0)

2/19新月2~小さな自分に会いに行こう

前の記事「月のこと」から続きます


生まれた時の天体の配置によっては
自分の太陽が意図する「こうありたい自分」と
月の望む「幸せ」が、折り合いつけにくい人もいる。

その場合、たいてい月の欲求は却下される。

20~40歳頃の自己実現に熱中する時期ならばなおさらだ。

劣悪な職場環境に月が反応し心や身体がNGをだしても、
「仕事だから仕方ない」「みんなやってる」と押し戻す。
それじゃあ、月の不安感は止まらない。

「NGだよね、わかってる。でも、もう少し続けたいんだ。」
と自覚していれば、まだ月も安心だ。

月は強く要求しないかわりに「まだ?」と訴え続けるから
不快感という訴えを忘れなければ、
倒れるまでには至らないだろう。


月を却下し、日々の小さな喜びや寛ぎを我慢し続け
ついに目標を達成し、周囲の賞賛を手にしたのに
ふと感じる虚しさや不全感が拭い去れなければ、
それは忘れられた月からのメッセージだ。

かなり末期的な。

それさえも無視し、享楽で虚しさを埋めようとすれば、
月の代わりに拠にしていた、
大切な誰かや帰る場を失うことになるかもしれないね。

安らぎを拒絶するのだから。

続きを読む "2/19新月2~小さな自分に会いに行こう"

| | コメント (0)

2/19の新月を前に1~月のこと

もうすぐ新月
月の巡りと太陽の巡りを合わせた旧暦の新年になる。

太陽は直視できない圧倒的な光。
その熱は生き物に命を与え、時に命を奪う。
強い畏敬の念を感じさせる存在だ。

月の光は太陽光の反射だけれど、
そんなことを忘れてしまう位の艶やかさに満ちている。
形や大きさは順繰りに変わり、
どこにいてもどんな人にでも見えるけれど
何故そうなるかはベールの向こうだ。

また移ろいは人の情緒を刺激し
「普段と違う衝動」を起こし
出会いや別れの縁を作る。

イマジネーションを広げ、
創造や表現の素材/アイディアを持ち込む。

続きを読む "2/19の新月を前に1~月のこと"

| | コメント (0)

2/12 蠍で下弦&水星 順行 完了☆


2/11 23:52 水星は順行に転じた

そして13時間後 2/12 12:49 下弦。

月が蠍の奥へ進み太陽と関係を持つ。
次の新月にまく種の、準備を始めるタイミングだ。

昨年12月の満月以降、
とりわけ土星が射手に移った12/24から
私たちのアンテナは未来に対して敏感だ。

時には期待と理想に満ちあふれ、
時には不安や恐れに押しつぶされる。


「そんなことより目の前の事だ」と思っても
考えて見れば目の前の今は未来に続いている。

未来を垣間見たくなるのは自然なことなんだ。


「これからどうなる?」と未来に目を向ければ
未来は形もなく、あまりにも不確実だ。

誰かの御告げを聞いたって、
契約書にサインもらったって、
未来は不測に満ちている。


空に星が数多あるように、
可能性はまさに星の数ほどあるのだから。


そんな「未来」は、年末位から
星模様での短期的なテーマになっている。

続きを読む "2/12 蠍で下弦&水星 順行 完了☆"

| | コメント (0)

2/7tweet 木星がんばってます

2/7 木星のこと続けてツイートしたのでまとめました。
……………

夜明け前、太陽と木星は対峙し交感。
木星は既に2/4満月、月を通じて
1/20新月に生じた太陽の意志を受け取っている。
そして今、太陽と向かい合い、
太陽の意志が強くあまね輝くように
力をふるっている。
それは全ての個/個性に尊厳を与え、
尊厳が守られる環境を育むために。


続きを読む "2/7tweet 木星がんばってます"

| | コメント (0)

射手の土星・蠍の土星 その後2

☆前記事から続きます

土星の話をする時に、鯛焼きの喩えをするのだけど
鯛焼きの型を土星とすると
土星は頭から尻尾までしっかり餡の入った
完璧な形の鯛焼きを焼きあげるの目標とする。

最初は餡の入り具合、
つまりは不足な部分をチェックされる。

土星がコンプレックスや後回しにしてた問題、
苦手意識を刺激するように感じるのは
たいてい不足部分のチェックが先にくるからだ。

続きを読む "射手の土星・蠍の土星 その後2"

| | コメント (0)

射手の土星・蠍の土星 その後1 

土星が射手に入って一ヶ月。
いまちょうど射手の4度ちょっと手前まで進んでいる。

このあと3/15、日付が変わった直後に逆行し
逆行したまま6/15 9:42さそりへ戻る。

さそり滞在は約3ヶ月。
8/2に順行に転じた後、
スピードを回復し9/18 11:44射手へ戻ってくる。

以降、2017年12/20 山羊に移るまで土星は射手で力を揮う。

すごく大雑把にいえば
去年12/24から6/15までの半年は射手土星のプロローグ。

今秋から2年ほどかけて構築するテーマの序章だ。

続きを読む "射手の土星・蠍の土星 その後1 "

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »