« サタンリターン tweet まとめ | トップページ | 射手の土星・蠍の土星 その後2 »

射手の土星・蠍の土星 その後1 

土星が射手に入って一ヶ月。
いまちょうど射手の4度ちょっと手前まで進んでいる。

このあと3/15、日付が変わった直後に逆行し
逆行したまま6/15 9:42さそりへ戻る。

さそり滞在は約3ヶ月。
8/2に順行に転じた後、
スピードを回復し9/18 11:44射手へ戻ってくる。

以降、2017年12/20 山羊に移るまで土星は射手で力を揮う。

すごく大雑把にいえば
去年12/24から6/15までの半年は射手土星のプロローグ。

今秋から2年ほどかけて構築するテーマの序章だ。

そして6/15から9/18は、蠍土星のエピローグ。

2012年10月6日から天秤に戻ることもせず
ストイックに満了した蠍土星の物語の集大成だ。

蠍土星ゆえ産道を潜り抜けるような
通過儀礼的意味を持つ期間になるだろう。

蠍の土星中、
何かに押し付けられでもしてるかのように
特定の人や場や物との関係に取り組まされた人は多い。

その時に培ったタフさや思慮深さを
今度は積極的に駆使して通り抜ける感じになる。

もしかすると6月後半は、
「また、あれをやるのか」と
憂鬱な気分になる人もいるかもしれないね。

でも案ずるより産むが易し。

大騒ぎしないで向き合えば、
ツルンと通り抜けているはずだ。


さて、今秋から本編の始まる射手土星についていえば
まさに今、この6/15までの序章期間を有功に使おう。

土星は「鋳型」のようなもので
「~でなくてはならぬ何物か」を基準に持っている。

だから、自分の生まれた時の土星には
自分の人生の鋳型的なものを
垣間見ることができると考えられる。

リアルタイムで進行している土星も
そのサインのテーマにそった鋳型を社会に押し当ててくる。

射手は「今ここ」から更に先へと広がる空間、
自由自在の経験だ。

空間の広がりは「私」「今ここ」が始点。
また広がりは「今までの経験=関係性」の先にある。

つまりは射手の自由さは、
一つ前の蠍までで培った
「私自身」と「周囲との確かな関係性」あってのものなのだ。


 2に続きます(2/6更新)

|

« サタンリターン tweet まとめ | トップページ | 射手の土星・蠍の土星 その後2 »

12サイン」カテゴリの記事

木星・土星/ジュピターリターン・サタンリターン」カテゴリの記事

逆行・順行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サタンリターン tweet まとめ | トップページ | 射手の土星・蠍の土星 その後2 »