« 星模様 1/20新月~2/4満月 春分 | トップページ | 水瓶 tweet まとめ »

未来は水瓶に導かれて

今年は水瓶サインで2回の新月。

先日1/20、そして2/19(旧暦正月)

月のひと巡りと次の巡りの始まりが、
水瓶サインの中にすっぽり入る。

春分/牡羊から始まる12サインの巡りで水瓶は11番目。

11は、1から10までのカタマリができあがっての
新たな1=ハジマリ、と考えることができるだろう。
それから12の巡りの11番目、は
新しい巡りの始まり(春分)まで後少しのところ。

だから水瓶サインのテーマには、
「これから先」「ここから先」
境界(線)を超えた先、
未来や広がりに関連するものが多い。


いま太陽は水瓶を進行中。

太陽は進行するサインのテーマを活性化するから
水瓶のテーマが旬な時期だ。


今までのこと、目の前の実際的なことよりも
これからのことに意識が向かう。

それは未だ形のないもの、可能性。
形あるリアルな「今」と比べれば存在感は希薄だ。

積み重ねた経験の上にある「今」目線で考えれば
どれだけ素晴らしい夢/可能性も
成るかどうかわからないものは価値がないだろう。

「理想だけじゃ食えない」も正論。

でも「想いは実現する」も正しい。

想いを形につなぎ止めるには想い続ける必要がある。

出生時の10天体のいずれかが水瓶に位置する人が、
周りを同じ想いを持つ仲間で固め
想いの違う人を正す傾向を持つのは
自分1人では想いがブレるのを知っているからだろう。

また山羊サインつまり社会を経験した上での理想だから、
水瓶の理想は理想の社会。
そこに同じ想いの人々が居なければ意味がないのだ。

喩えればジグソーパズル。

完成図を理想の社会考えると、
それを構成するピースは色形の異なる人々。

対になる獅子サインは一片のピースの特別性/個別性を追求し
水瓶は完成される全体性を追及するのだ。


さて、この新月から新月、1/20-2/19
つまりは太陽が水瓶をターゲットしている期間、
水瓶では水星が逆行(1/22-2/11)

水星の興味や関心のアンテナは、
水瓶サインでは未来指向だ。

逆行中は点検や調整期間と考えると、
より善きこれからのために
今&今までを振り返り点検する感じだ。

前述したように水瓶の理想の追求には、
志や想いが同じ仲間や場(社会・環境)が大事だ。

ということは、私たちの点検のセンサーは
特に人間関係や社会・環境について作用する。

どんな人と、
どんな環境で、
どいう社会を生きるのか。

生きたいと願うのか。

そういうの考えるの苦手な人も、
この時期は考えておこう、意識的に、ぜひ。

☆おまけ☆

水瓶っぽさを説明するのに喩えに使う
ジョンレノンのイマジン

♪ You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us
And the world will be as one ♪

ジョンレノンの理想は水瓶にある月に象徴される。
彼は彼の魂の青図どおりに
自分の理想を、時間と空間を越え浸透させている。



|

« 星模様 1/20新月~2/4満月 春分 | トップページ | 水瓶 tweet まとめ »

12サイン」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星模様 1/20新月~2/4満月 春分 | トップページ | 水瓶 tweet まとめ »