« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

11/22 チャンスを作る ~射手の新月

月はこれから蠍の奥深くと進み、
今夜、太陽と相次いで射手へ移動した直後 21:32新月。

先触れとして17日から射手に入っていた金星に合流し
火のグラントトラインのスイッチをいれる。


7月頃から予兆があり9/14から10月末まで続いた
精神的な高揚や集中、
状況の転換のイキナリ感、煽られる感じは
10/24新月のスタートを強く引っ張っていた。

自分の心の向き先が変わったのを、
気付いたは11/7満月頃だろう。

人や場所など自分が関わるものとの間の境界や
ここからの理想や目標と現実の間の壁。

そういったものが、目には見えなくても
圧倒的な存在感をもって横たわるのを感じた。

もちろん境界や壁は今までも感じていたこと。

でも今までと違うのは、
「それを越える時がきた」という気がするのだ。

そう、そのとおり。

続きを読む "11/22 チャンスを作る ~射手の新月"

| | コメント (0)

11/17 知っておこうよ 土星のこと

土星が蠍から射手へ移るのは、まだ少し先 12/24 1:35

土星は天球を約30年かけて巡るので
1つのサインには約2年半滞在する。

天秤から蠍に土星が移ったのは、2012年10/6 5:32。
蠍サインの身になれば2年2ヶ月ぶりに土星が去る。
射手サインの身になれば
1988年2/14以来26年6ヶ月ぶりの土星到来ということになる。

長い周期を持つ天体がサインを移る時は
数ヶ月から半年位前から予感を感じ、
サインを移る前後に先触れのような出来事を体験しがちだ。
そして天体がサインに滞在する間中、
サイン特有のテーマを体験し続けることになる。

このテーマはサインと天体の組み合わせで異なり、
それを私たちがどのように体験するかは
個々のアンテナ(生まれた時の天体の位置)で異なる。


続きを読む "11/17 知っておこうよ 土星のこと"

| | コメント (0)

11/16 ここでちょっと 海王星順行

土星のこと書いてる途中だったけど
先に、こちらの記事をアップします。

本日15:32 魚で海王星が順行。
逆行は6/10。

4/15の皆既月食/満月の辺りから、
私を包んでいる気分、
「自分が頑張ればなんとかなる」という気分でも
「自分が頑張ったってどうにもならない」という気分でも
周囲に頼らない/頼れない、というようなこと。

そのきっかけになっている出来事、
直面している人や場との関係
そして、それらの人や場との感情的な記憶の数々。

その気分は6/13の満月をピークに混迷する。
感情のアップダウン、気力と無気力、
啓示を受けたような沸きあがる高揚と、
そのあとにやってくる失意と絶望。
ウネリの強い波の上を、持ち上げられ、落とされるように。

心に覆いをかぶせ日々をやり過ごす。
追いつかけない、追いつこうとしない心を横目で見つつ
あわただしく動く目の前のことに没頭してきた。


9月の満月の前後、最初の契機が訪れる。
かかえている状況に、新しい視点がもたらされ
新しい理解、新しい価値を見つける。

続きを読む "11/16 ここでちょっと 海王星順行 "

| | コメント (0)

11/13 火のグランドトライン再び 2

前の記事から続きます
着地~満月+火のグランドトライン再び
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/119-66ff.html

サインのグランドトライン(以降GT)には
月が作る2日前後の短期的なもの、
1ヶ月前後の中期的なもの、
数ヶ月以上続く長期的なものがある。

どのサインのGTも連動する動きを生むので、
長いほど影響を感じやすい。

たとえば、今(11/10 17:37-11/13 3:44)は
魚(海王星)と蠍(太陽+水星+金星+土星)が作るトラインに
蟹に入った月が加わり短期的な水サインのGT。
魚⇔蠍の交感を、月は雰囲気/気分として拡散中。

月が作るGTは気分のスイッチのon/off。

自分のホロスコープが水サインの刺激に敏感ならば
衝動的に行動に移すかもしれないが、
気分は日々のことに埋没することの方が多い。

続きを読む "11/13 火のグランドトライン再び 2 "

| | コメント (2)

11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び

美しい余韻~牡牛の満月 から続きます
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/117-wo-e04f.html


月は定刻どおり双子へ移動。

満月前後で体験したことや見聞きしたことを、
なんとなく気になって調べたり、
誰かに聞いてもらいたくなるタイミング。

とはいえ今回の満月が照らしたのは、
「みんなにシェアしたらOK!」な部分ではない。

どちらかといえば話す先/理解してもらえる先を選ぶことが多い。
あたり障りのない人にあたり障りのない話でガス抜きするか、
運よく見つけた同好の士にシェアするか。

もしかしたら、
自分で調べに調べ、考えに考え、
「…ってことか」と納得するというパターンが多そう。
それが少し理不尽であっても。

前記事で書いたように、いま自分に届いてるメッセージは、
少し進まないと理解できないものが多い。
「とりあえず」な柔軟さを忘れず、
とはいえ大事な時期だからスルーせず。

何かを形にしようと取り組んでいる人や、
これから仕切り直し/再スタートを考えてる人は、
最初の紐解くタイミングを意識して使うといい。

時期的には14日から次の新月(11/22)
なんとなくわかってることを
言葉にするヒントを見つけられるはず。


さて、昨日の満月。
太陽と月はサイクルの極みだけでなく、
他の天体と共に様々な契機を作り出していた。

 

続きを読む "11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び"

| | コメント (0)

11/7 美しい余韻~牡牛の満月

本日7:22、月は牡牛で満月。
10/24 蠍の新月から始まった月のサイクルの極み。

月は新月のあと蠍-射手-山羊-水瓶-魚-牡羊と天球を巡り、
11/6 6:32牡牛へ、満月へのプロローグ。
そして今朝、太陽と向き合った。
いま大気は満月の余韻で満ちている。

満月の時の星の配置/ホロスコープを眺めて思うのは
とてもとても静かな気配だ。

昨夜のツイートで"達観"と書いたのだけれど、
もっといえば、やり続けてきた果て/限界を感じ、
次の手を思案する一瞬の間、という感じかもしれない。

続きを読む "11/7 美しい余韻~牡牛の満月 "

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »