« ちょっとだけ | トップページ | 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び »

11/7 美しい余韻~牡牛の満月

本日7:22、月は牡牛で満月。
10/24 蠍の新月から始まった月のサイクルの極み。

月は新月のあと蠍-射手-山羊-水瓶-魚-牡羊と天球を巡り、
11/6 6:32牡牛へ、満月へのプロローグ。
そして今朝、太陽と向き合った。
いま大気は満月の余韻で満ちている。

満月の時の星の配置/ホロスコープを眺めて思うのは
とてもとても静かな気配だ。

昨夜のツイートで"達観"と書いたのだけれど、
もっといえば、やり続けてきた果て/限界を感じ、
次の手を思案する一瞬の間、という感じかもしれない。

ここのところしばらく、
自分の都合や好み・欲求を越えた力が、自分を動かしている。

そっと寄りそうように導き、優しく諭し、
時には支えてくれる不思議な力を感じませんか?

満月の予兆や余韻は、その目に見えない力の片鱗を
浮かびあがらせてくれる。

それは高い所からのメッセージ、という形をとることが多い。

天、神、スピリット、高次の存在からの啓示、
宇宙、自然、生命の神秘に触れることでの気付き。
その道の先達を中継して人の言葉として聞くことも。

メッセージは何層にも重なっているから、
自分が一歩進んで初めて解読できるものもある。

満月前後、ふと心に響いた言葉は、メモしておくといいね。


さて新月は地球(自分)からみた太陽(志)と月(心)が重なる。

月は太陽の志をうけて進む。
旅立ちは常に新しく、時には別離も伴う。

新月前に心がせめぎ合うのは旅立ちの前だから。


満月は旅の成果発表。
太陽は月を真正面から照らし輝かせる。
自然な満月は解き放つ力。心は寛ぎ開放する。

そんな満月に心が苦しくなる時は、
心を偽り、志を曲げ、自分に嘘をついている時。

お天道さまには嘘はつけない、ってことか。


満月の学びのひとつは"受け取る"ということ。

太陽が照らした今の私を、嫌わず隠さず否定せず。
苦笑いしてでも受取ってみよう。
受け取ることで、次の新月が始まる。


この満月の作る美しい契機は、いくつかあるのだけど
まずは満月の余韻を楽しもう。
(あとから書きます、ちゃんと^^)

牡牛の月は五感に響く美しいものを喜ぶよ。

今日は自分の好きな物、場所、香りや音を楽しんで。

美容院やアロママッサージに行くもok
欲しかった服やインテリアや絵を買うのもok
大好きな人とするハグも very very ok 

もちろん、美味しいものを食べるのもThat's  牡牛heart01

|

« ちょっとだけ | トップページ | 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び »

新月.満月・上弦.下弦」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっとだけ | トップページ | 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び »