« 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び | トップページ | 11/16 ここでちょっと 海王星順行 »

11/13 火のグランドトライン再び 2

前の記事から続きます
着地~満月+火のグランドトライン再び
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/119-66ff.html

サインのグランドトライン(以降GT)には
月が作る2日前後の短期的なもの、
1ヶ月前後の中期的なもの、
数ヶ月以上続く長期的なものがある。

どのサインのGTも連動する動きを生むので、
長いほど影響を感じやすい。

たとえば、今(11/10 17:37-11/13 3:44)は
魚(海王星)と蠍(太陽+水星+金星+土星)が作るトラインに
蟹に入った月が加わり短期的な水サインのGT。
魚⇔蠍の交感を、月は雰囲気/気分として拡散中。

月が作るGTは気分のスイッチのon/off。

自分のホロスコープが水サインの刺激に敏感ならば
衝動的に行動に移すかもしれないが、
気分は日々のことに埋没することの方が多い。

繰り返しになるけれど、今回の火のGTのベースは
2011年3/12から牡羊に滞在している天王星と
2014年7/16に獅子に入った木星。

2つの火サインに天体が入り協調(トライン)している。

車ならアイドリング、オーブンなら余熱中。
だから、もう1つの火サイン=射手に天体が入ると
自動的にGTのスイッチが入る。


2014年9/14-10/26(10/28) 火星は射手へ。
加熱し加速する第一波。

11/7 土サインの満月で着地。体制整えるインターバル。

11/17金星、11/22太陽+月(新月)、11/28水星
そして12/24には 勢いに推されるかのように土星が。
天体は続々と射手へ。
来年6月まで続くGTの幕が開く。


実はこうやって中~長期間GTが続くのは比較的マレなことだ。
それが去年の水サインのGT(2013.7/26-2014.7/16)から続き、
ここからまだまだ続く。

止まらぬ渦に巻き込まれ、煽られ、突き動かされ、
私たちはどこへ向かい、何になるのだろう。


火の元素は精神性、独立性。
何ものも省みず、何ものにも囚われず、
時をえて自在に上昇する。

GTはその火の元素が三つ重なり連動する。
1つで火、二つで炎、三つで火炎。

火は燃え尽きれば消えるけれど、
GTには次から次へ火種が届く。
いったん渦にのったなら、止めることは難しい。

火種の牡羊⇒燃えあがる獅子⇒燃え広げる射手…
そして牡羊で再び新鮮な火種投入。

牡羊には覚醒と革命の天王星。
雷に喩えられる電光石火な火花。
火花は空から発し、尽きることはない。

獅子には押し広げる木星。
炎は派手に広がり精神は高揚する。

射手で第一波を作った火星は切り開く炎。
火炎は旋風をおこし舞い上がる。

なんと明るい精神の炎だったろう。
個々の心の内も、世の中も、
全ては明々とした炎の下に曝された。
本性が際立ち、不正は明らかに。
志と現状の歪みは耐えがたきものになる。


とはいえ私たちは精神のみで生きてはいない。
身体、感情、習慣、人間関係、社会、金銭…
さまざまなことが重なり合っている。
精神の高揚感はステキだけれど、
世の中的なことと折り合いがつかないと感じがちだ。

だから「精神論だけじゃ食っていけない」と自嘲する。
目に見えるものだけに留まり、
精神の高揚には水をかけ、石棺に押し込めてみる。

そしてスポーツ選手の勝利、研究者の発見、芸術家の作品など、
他人の精神/スピリットの結晶に感動し、
代替のエクスタシーに酔いしれる。

高い志や、ピュアな精神性に強く魅了され、
自分も続けと奮起したり、
逆に比較して嫉妬したり落ち込んだり、
「あんなこと言って実際は…」などと噂してみたり。

自分に何サインの天体が多いかで感応の仕方は違うけど
火のテンションの高さゆえ、
感応も過剰になりがちだったことだろう。


さて第一波が終わり、着地する満月も過ぎた。
たとえれば海外旅行から帰宅した感じの今だ。

ホッとする反面、現状が色あせて見える。
やらねばならぬことをこなしながら、
心のどこかに熱気の余韻を探す。

そんななか11/17 金星が射手に移動。
第二の渦のファンファーレを鳴らす。
「そうだ、これこれ、この感じ」心が躍る。

11/22は太陽と月が相次いで移動し、射手で新月。
つき物がおちたようなクリアな気分。

やりたかったこと、行きたかった場所は
やりたいこと、行きたい場所に、
そして、やる、行く、へと変わる。

やれるかどうかを考えるより
やるにはどうするかを考えた方がいいと気付く。


12/22冬至には新月が重なる。
朔旦冬至。暦の原点。
月と太陽の19年周期の節目になる。

再生/仕切り直しの力に満ちている。
新月に願うのではなく 「新月で始める」がいい。

12/24 1:35 聖なる夜に土星は射手へ移る。

秋分は大きな場面転換だった。
それは、たぶん、冬至のための準備。

そして土星は冬至の再生力を
継続させるために火のGTに加わる。

2014年も派手な星模様の一年だったけど
たぶんピークは年末かも。

(もう少し続き書く予定です) 

|

« 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び | トップページ | 11/16 ここでちょっと 海王星順行 »

12サイン」カテゴリの記事

グランドトライン.グランドクロス.アスペクト」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

コメント

寿さんこんにちは!
先日はありがとうございました。
最近はブログ楽しみにしてますよ!
そして今回も自分にドキドキする内容でした。
お話会、参加したいのですが、、、
自分の仕事があり両日行けないや。。
残念です、土星を知りたかった。
またの機会に勉強させてもらいます!

投稿: 中田 | 2014年11月13日 (木) 08時20分

こんにちは、
コメントありがとうございます。
また、ドキドキさせちゃいましたか^^

中田さんにとって、次の新月は
様々なハジマリが重なりますよね。
いいスタートダッシュを!

また、いらしてくださ~い。


投稿: 寿  | 2014年11月13日 (木) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11/9 着地~満月+火のグランドトライン再び | トップページ | 11/16 ここでちょっと 海王星順行 »