« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

蠍の月で思う 次の満月(10/8)のこと  

次の満月は 10/8 19:50 皆既月食になる。
月には天王星が重なり、
火のグランドトラインに、赤い月が重なる。

満月で 心にもち込まれるものは、
人によっては強い啓示的な意味をもちそうだ。
自然のサイクルに抗って生きている人は、
強い調整の力を感じるかるかもしれない。


満月への転換点 上弦の月は10/2

秋分/新月でセットしたものがぶれないように、
ちょっと星模様 意識していきたいと思います。


さて、天秤で新月をむかえた月は、
昨夜(9/26) 水星と交感した後に蠍サインへと移った。
(以降"サイン"を略します)

水星は月を追うように 
9/28朝に蠍へ移り、
10/5からの逆行に備える。

その蠍では、土星が進行中だ。

寡黙で繊細な土星は、
蠍に入ってから更にストイックになっている。

この蠍の場は、
支配星に冥王星が選ばれるくらいの深淵な場だ。
エネルギーは深く内向し、
外からは窺い知ることができない。

土星が天秤にいた時は、
もう少しにぎやかだった感じがする。

天秤は"私"が向き合う環境(人/場/社会)がテーマになる。

向き合う環境に"土星"が居る、というわかりやすい図式ゆえ
「いつまで天秤にいるの!?」という文句が多かったからかな。
「話題になってる」感があった。

土星も土星で、
常に「天秤なう」とつぶやいてた感じがする。


でも2012年10/6に蠍に入ってからは
なんというか、こう、
声もあがってこない感じだ。

続きを読む "蠍の月で思う 次の満月(10/8)のこと   "

| | コメント (0)

9/24 新月 天秤~ だけど乙女の気持ち 

月はいま乙女の後半を進み、
12:59 天秤へ移る。

新月前、心が揺らぐことは多いから
今は乙女的ユラギを感じてる人は多いだろう。

乙女の月はきれい好きだ。
目の前にあるものを調べ、関連づけ、
直ぐ分かるように整理したいと思う。
収納上手さんのクローゼットの用に。

また些細な変化に敏感だ。
"いつもと違う"ことに反応する。

そんな月は私達の気分を左右する。

秋分の転換に反応し、
自分に何が起きたか把握したいと
イライラもするだろう。

「秋分、転機なんていったって
私には何も起きないし。
今朝もむかつく上司の下で働いてますっ」
なんていう人もいると思うんだ。

続きを読む "9/24 新月 天秤~ だけど乙女の気持ち "

| | コメント (0)

実況版 冥王星順行  

(前記事から続きます)
9/23冥王星順行そして秋分 そのうえ9/24新月

http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/923-924-29fc.html
9/23冥王星順行~舞台は巡る
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/923-b209.html


今日(9/22)の冥王星は山羊の10度59分で
低音を響かせて減速している。

明朝 7時を過ぎると進行をとめ、
数時間のブレイクのあと 9:25順行となる。

順行後しばらくはペースダウンして進むので
余韻は1週間ほど続くだろう。

さて今夜(9/22)23:03
月が冥王星とコンタクトする。

前記事で書いたように
月は他の惑星の力を"気分"や"雰囲気"として持ち込む。

今夜の月は乙女にある。
いまの冥王星の気分は、
私達が理解できる形に最適化され持ち込まれる。

今夜で言えば、それは、多くの人にとって
現状を変えたい/突破したい気分であり、
変わり行く現状を繋ぎ止めたい気分でもある。

月は今日0:53には乙女に入っているので
昨夜は自分の心のうちのザワザワした感じに
眠れない夜を過ごした人もいただろう。

続きを読む "実況版 冥王星順行  "

| | コメント (0)

9/23 冥王星順行 ~舞台はめぐる

星模様 ~9/23秋分そして冥王星逆行そのうえ9/24新月 の続きです。
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/923-924-29fc.html


冥王星は9/23に山羊10度59分で順行に転じる。

既に9/18には山羊10度59分まで逆行し
ブレーキをかけ転換に備えている。

惑星の逆行/順行は日常的な出来事。
惑星は地球から見上げると、時期によって
星座の間を進んだり戻ったりする。

惑う星というのが「惑星」の由縁だ。

惑星の逆行の影響でよく知られているのは水星逆行。
水星は太陽の周りを88日間で一周する。
地球から観測すると、天球上を太陽と前後して約一年で一周する。
太陽に歩みを揃えるかのように、
年に3回ほど逆行して同じ場所を行き来する。

水星逆行のキーワードに
動きの遅延・停滞・不達などが並ぶのは
本来は快速前進の水星が、戻る様からくるのだろう。

水星は頻繁に逆行し期間も短く、
順行中との比較がしやすいから、
逆行を現象として実感しやすいのだと思う。

逆を返せば逆行期間が半年余にもおよぶ惑星は
実際的なこととして実感することは少ない。

特に冥王星に関していえば
普通は日常的な単位(今週とか来月とか)での変化はない。

というか、あるけれど 気付けない。

続きを読む "9/23 冥王星順行 ~舞台はめぐる"

| | コメント (0)

星模様 9/23秋分そして冥王星順行 そのうえ 9/24新月

(続きの記事です)
9/23 冥王星順行 ~舞台はめぐる

http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/923-b209.html


今週は9/14朝、火星が射手に移動。
牡羊、獅子、射手、火のサイン全てに天体が入る
火のサインのグランドトラインが始まった。

9/16、月は双子サインで下弦を迎え、
いま新月へ向け旅路を進んでいる。

新月の前日 9/23 11時29分。
太陽は天秤0度、秋分を通過する。
春分秋分は太陽が同じ場所=真東からのぼる、
右左、上下、陰と陽、本音と建前。
中庸、バランスをとり戻すタイミング。
また春分3/21から始まった太陽の旅の折り返しだ。

そして今年は秋分に先駆けて9時25分、
4/15から逆行していた冥王星が山羊で順行に転じる。

そのうえ秋分の翌日、
9/24 15時13分 天秤で新月だ。

ひとつずつだって けっこう大きいイベントが、
三つ揃えで私達を待っている。


どんなことで体験するかは人それぞれだけど、
なにも体験しないってことは、無い。

だって、あなたも私も
地球で生きているのだもの。
影響はあるでしょ、 どう考えても。


とはいえ、あわてることもない。

星々は天球を巡る。
それぞれの速さでサインを移る。

そして雨の前後に、風向きや湿度が変わるように
星の動く前後も空気感が変わる。

今回に限らず、大きい動きの前ならば
ずいぶん前から予感は感じているものだ。

続きを読む "星模様 9/23秋分そして冥王星順行 そのうえ 9/24新月"

| | コメント (0)

木星・土星・グランドトライン 星遊びの集い 

星遊びの集いについて書き始めたら、
長くなってしまったので記事にまとめました。

星遊びの集い 9/25 修了しました。
 また、次回お楽しみに

   

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

木星 土星 グランドトライン 


「7/16に木星が獅子サインへ」と見聞きして
それってheart01と思った"獅子座のあなた"は多いと思う。

自分の生まれた時の木星が
獅子にあると知っていた人ならば、
「ジュピターリターン」という言葉がうかび
うっとりshineと 夢がふくらんでいると思う。

学年、経年、干支、年女年男、厄年…
一年というくくりは考えやすいのだろう。

また星占いで語られる木星のイメージ
(幸運好機、成功、結婚等)も貢献しているはずだ。


対照的なのは土星。
1つのサインに2年半という長さ、
「サタンリターン」まで約30年という長さに加え、
星占いで語られるネガティブなイメージからか
もうひどい扱われ方だ。

続きを読む "木星・土星・グランドトライン 星遊びの集い "

| | コメント (0)

9/9 盛り上がれ、満月! 

今日10時37分、時満ちて月は満月を迎えた。

いま月は、私たちの立つ大地の奥深く
更にその先に広がる大地、
アルゼンチンやチリの夜空を照らしている。

そして今日の夕陽が沈む頃には、
余韻を湛えて東の空へ姿を見せる。

昨日9/8は、旧暦八月十五日。
十五夜、中秋の名月。

昨夜は満ちる寸前の月を愛で、
今夜は満ち満ちた月を愛でる。


お月見は 雨雲次第だけれど、
二夜続けて月へ想いを馳せることは、
この時期ならではの豊かさだと思う。


さて新月から上弦、そして満月。

小さなスタートと、直ぐ訪れるストップを
くり返していた人は多い。

続きを読む "9/9 盛り上がれ、満月!  "

| | コメント (0)

火星 再び~ オタク的追記

オタク的追記です。
先に 月に想う~火のグランドトライン をお読みください

http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-b032.html



火のグランドトラインの口火を切る火星は
昨年末から7月まで天秤に長期滞在していた。

その間の火星といえば、
活動サインのグランドクロスの一翼を担い、
美しき天秤の園を体育会系に熱し、
なにしろ大奮闘された。

もう、ほんとにね、そのおかげで
人間関係で疲弊した人は数知れず。

火星の余韻は、未だあちこちでくすぶっている。


火星は後始末しないまま 蠍に移り、
今度は土星とせめぎ合っている。

アクセル全開、ブレーキ全開だ。
またこれも、焦げ臭い感じ。

土星は 「こいつ暑苦しいなぁ、早く射手に行けよ」って
思ってるに違いない、きっと。

「さそり座のあなた」も、そう思ってるよね。


さて、これからやってくる 火のグランドトラインは
火星が口火を切り、加熱した後、
今は蠍でせめぎあっている土星が射手へ入り、
その火を受け取り燃やし続ける

続きを読む "火星 再び~ オタク的追記"

| | コメント (0)

月に想う   火のグランドトライン

昨日、夕方、見上げた空には
雲間から浮かびあがるような月

ふわっと飛んでいきそうな
美しい月でした。


さて、月は上弦を越え 射手を進んでいる。

それは周期的にくり返されるサイクル。
特別なものではない。

けれど「その時」の月が他の天体と作る関係性は
その瞬間だけの特別な契機だ。

そして、いま、射手を進む月の特別性を言えば、
それは今秋からの火のグランドトラインの予感だろう。

つまりは牡羊の天王星、獅子に移った木星、
そして射手に入る天体の煽る動きだ。

続きを読む "月に想う   火のグランドトライン"

| | コメント (0)

9/2 上弦 月は射手へ

新月に始まった月のサイクルは、
今夜20時10分 四分の一まで進み 射手で"上弦"となる。

新月に心の内に撒いた種は、
発芽し、育ち、今日を迎えた。

植物の成長に喩えれば、
芽が大地を押し上げ、外へ顔を現す時。

土から大気へ、環境が変わる。
成長の転換点だ。


新月で思い、つぶやき、始めたこと。
興味関心、行為行動、決意決断、願いや祈り。

それがなんであれ、
心の内から外へ、内輪から外へ、
ぐっと顔を出すわけだから、
先に進むことに不安を感じたり、
壁にぶつかったように感じてるかもしれない。


特に8/25 乙女の新月は、
私が、新月に思い、つぶやき、始めたことを
計画した通りに進められるように押し出してくれている。


努力は必要だったけど、その分変わってきたかも…と
実感している人は 多いと思うんだ。


そして実感しているだけに、
上弦という転換点を
リアルに感じるような気がするんだ。

続きを読む "9/2 上弦 月は射手へ "

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »