« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

火星順行 その後

20日に火星が順行し  ひと息つけたという人は多い。

とは言っても、目の前のあれこれも、
心の中のあれこれだって、
絶賛続行中。

それでも、いったん居住まいを正し
対象物(人/環境/問題…)との間合いを確認できる時。


このタイミング、使わない手はないよ。

6/6頃にはツールや矛先を変えて、
取り組みを再開することになる予定だから。

 

続きを読む "火星順行 その後"

| | コメント (0)

なんとなく  月

昨日21日21時過ぎ、月は魚に入り
4/26からの28日間の様々な体験を解きほぐし
「記憶」という坩堝へと放出している。

ものすごく盛り上がっていた出来事が
急に色褪せたように感じたり、
いったんケリがついたはずの気持ちが
なんだか悶々と湧き上がってループしたり。

意識は深く内向する。


それでも 5/24 1:01
再び 360°/0°を超え月が牡羊へ移ると
悶々としてもいられなくなる。

頭に軽い衝撃を感じ 目が開く。
刺激をうけ、刺激を求め意識は外へ向かう。


そうやって月は順番に12サインを移動し
雰囲気や気分を動かしていく。


今日どのサインに月がいるかは、
データをみないとわからない。

わからないから影響がないかといえば
それは、もう、そんなもんじゃない。

続きを読む " なんとなく  月"

| | コメント (0)

いい夢を!そして、いい明日を! 5.15 サソリの満月

前記事から 続きます
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-e846.html


明朝 4:15
月はサソリで満月になる。

4/29に太陽と結び種を宿した月が
明日は太陽の光を一身に受け、輝く。

前回の新月、
月を通じて私たちの一人々が宿した種は固有のもので、
まだ誰とも共有できないものだ。

今夜、たとえ100人の友と一緒にいても、
あなたは孤独を感じるかもしれない。

本当の自分、自分の内に秘めた想いを
理解してくれる人は居ないように感じるのだ。

けれど 今回の満月は 不屈の強さに満ちている。

たとえ理解してくれる人がいなくても、
自分自身、自分の考え/経験/価値や本質を
守りぬこう、やり続けようと決めた時
星々は全面的に あなたをサポートしてくれる。

そしてまた、月を通じて訪れる光は
自分の本質を輝かせる環境を気づかせ、
自分を育む環境を求めることを奨励し、
「そういう人や場を求めなさい」と促すことだろう。

4/29の新月と明日の満月は対になり、
心に決めたこと、表明したことを記録する。

語るだけ、描くだけだった夢や理想を、
行動し実現していく計画に書き換えられるように 
そっと背中を押し続けてくれるだろう。




今回の満月のテーマは、乱暴に言えば「我が身第一」

続きを読む "いい夢を!そして、いい明日を! 5.15 サソリの満月"

| | コメント (0)

5.15 サソリ満月の前に  

ふりかえってみよう

1/31の新月
何を手にし、
どんな未来を思っただろう。

自分は何にストレスを感じ、
何を思い、何を願っていただろう。

1/31新月
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/13-2d47.html

 

それが前例もない、名前もない、
言葉にできないものだったとしても、
あの時、思うことができた未来の方へ、
きっと 一歩 踏み出している。

 もし去年の9月位から繰り返し考えていたことだったり、
12/3の新月頃から熱を帯びていたことなら、
間違いなく踏み出している。

 そして、2008年頃から予兆があり、
震災以降は常々意識していたことだったりするならば、
「飛び出して」いる、確実に。


「でも、思いどおりにいけてない気がする」
「状況は悪くなってる気がする」

そう感じるくらいなら うまくいってるサイン。

飛び出したからこその不安定さ、
動いたからこその抵抗。

視点が変わったから
周りが変わったように見える。

それから「こうありたい未来」にあわせて
「今まで」がリニューアルされるスピードに
心が追いつけてない、ってこともあるかもしれないね。

変わっていくこと、終わっていくことが
受け入れ難いことだってある。

そんな時は、心のユラギを抑えるのではなく
悲しんだり嘆いたりする気持ちを大切に。

理解が心に沁みるまで、ゆっくりと待つことも
とても ステキなことだから。

さて、そんな1/31の新月以降
星模様はにぎやかだった。

 

続きを読む "5.15 サソリ満月の前に  "

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年6月 »