« 8/7 新月にむけて | トップページ | 星と共にいこう ~ 星模様   »

前をむいて歩こう! ~ 天王星・冥王星・火星 

新月まであと少し。

先週を境に空気感が変わったと感じた人は多いと思う。

そして、周囲の空気が動いた…というよりも、
急に違う空気感/流れに入れられたような
イキナリ感を伴うのが、ひとつのパターンになっている。


7/28と8/1 火星は冥王星・天王星と交感した。

水のグランドトライン~でも書いたけれど、
火星は 7/21、水サインのグラントトラインと交感し
ウネリに勢いをつけていた。
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-7cf3.html

魚の海王星も蟹の木星も蠍の土星も
火星に火をつけられて かなりホットな感じになった。

それを尻目に 当の火星は、さっさと先へ進み
冥王星・天王星の関係性と交感したのだ。

この冥王星・天王星は、2011年から
直角に近い関係を続けていて、
今は 93°くらいの距離感でいる。

形と秩序を最大MAX強化中の冥王星と
その枠を蹴飛ばし飛び出そうとする天王星。

それが2年も 密接な関係を続けているのだ。

いかにも争いが起こりそうにもみえるでしょ…

でも、実は、星模様的にいえば

枠が強固であればあるほど、
蹴飛ばした反発力で遠くへ飛び出せるし(天王星)、

反発力=抵抗勢力の存在が
守りを固め管理統制する力になる(冥王星)。


枠があるから飛び出そうとするし、
飛び出そうとするものがあるから管理しようとする。

一触即発な感じがしないでもないけれど、
そうやっているうちに、枠の形が変わっていくわけだ。


星模様というのは、どの天体のどんな動きでも、
集約すれば、全ては「時をえた変化」ということになる。

天体同士が関係性を持つということは、
相互のエネルギーが交感するということ。

それが、水のグランドトラインだろうが、
天王星と冥王星が熱い関係を続けていようが、
「時をえた変化」を生むだけ。
もちろん 吉も凶もない。

この 天王星/冥王星の関係性でいえば、
抗うものの存在があるけれど、
そのことで互いが十全に働くということだ。


では、それは何を生むのだろう?

天王星も冥王星も、進行が遅い天体。
ひとつのサイン/場所に長く滞在することになる。

それは年単位のことになるので、
天王星以遠の天体の動きや関係性は
個人的/日常的な出来事では実感しにくいものだ。


ただ、いま冥王星と関わりあっている天王星は、
意識と無意識の境界を橋渡しする力を持っている。

だから目ざましがなったような、
目が覚めるような体験をする人は多いだろう。

天王星の目覚ましは、目を醒ます。
文字通り 覚醒だ。

目からウロコがおちる、覆いが剥がれる。
結果、人生を大きく変える人も多いだろう。


この牡羊サインの天王星と
山羊サインの冥王星の直角な関係は
2008年位からの準備期間をふくめると約20年。
天王星が牡牛サインに移動する2019年まで続く。

その中でも 2011/3/12-2017年くらいが旬になる。
(予兆は 2010/5/28-2010/8/14) 


この長い期間を通じての関係性のテーマは
既存のものが極限まで成熟し、崩壊し、
ガレキの上に新しい秩序が生まれる、と考えられる。


7.28-8/1は その旬な関係性を火星が交感し、
受信したということだ。


ふりかえると 今回の火星と同じように
6/8・9は水星 が、6/12・13は金星が交感し受信した。

水星は冥王星・天王星のテーマが旬であることを告げ、
金星はテーマに興味と感心を持つように促した。

そして 7/2・4太陽が交感、受信したことで 
この時期を生きる私たちにはもれなく、
テーマの「個人体験版」がダウンロードされた。

そして火星が ダウンロードされたテーマを開き
スタートさせたのだ。

どんな動き方であったとしても、
ここで始まった動きは 進んでいく動き。

できれば今は 後戻りせずに進もう。

動きに気付かないでいたとしても
次の新月、私たちは自分の場所へと押しだされる。

2008年頃からの動きが、具体的になっていく。


「今まで」は最後の輝きを発し、
過去の栄光が一瞬の煌めきの中で再現される。
そして崩れおちていく。

煌めきの中に入り、堪能し、一緒に崩壊するのも一興。
命を失うほどではないし、無自覚でいることも選択の一つだ。


「これから」は未知の広野の先にある。

最初の一歩は ひとりで踏み出すことになる。

それを選択するならば
踏み出すことで崩れるものがあるのだろう。

踏み出して えるものは、
「ここ数年のあれこれは、このためだったのだ」という確信。

自分の選択を大きく肯定する実感。



どちらでも、自分の いける方へ。

違いはあるけれど、どちらも間違いではない。

あなたの立ったところから 未来は続いていくのだから。

Enjoy !! heart01

|

« 8/7 新月にむけて | トップページ | 星と共にいこう ~ 星模様   »

天王星・海王星・冥王星」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいてます^_^
自分の今の内面にあったドラマティックな星々の解釈を探すうちに、こちらのブログに出会いました。
というのも、緊張状態が長く続いている母と私両方が今のTスクエアに巻き込まれて、まさに一触即発なかんじなので(^^;;
出世の太陽と月がお互い入れ子になっていて、私のN太陽と母のN月が天王星と合、冥王星とはそれと逆パターンで合です。
もう、最初から仕組んできたとしか思えなーいというかんじで、なぜか私はこの3年実家に縛り付けになっていました>_<
でも今日ふわりと呪縛から解けた感じがしたので、こちらを見たらやはりな、と。
コメントは初めてなのですが、心にしみる内容にいつも励まされていましたので、忙しくなる前にコメントさせていただきました。
なんだか、怒涛の流れが始まる予感がしているので!
長くなりましたが、これからも応援しています(=゚ω゚)ノ

投稿: みねまみこ | 2013年8月 5日 (月) 01時29分

はじめまして、prego 寿です。
コメント&応援 ありがとうございます。

入れ子+合ですか。
冥王星/月は、生まれる前に綿密な計画をたてて「ここだ」と狙って生まれてきたような印象があります。

天王星/太陽のまみこさんが飛び出す方。
お母さんの月は、まみこさんのジャンプに安堵し何かを託すようにもみえます。

私は親子で何かを解き放つ、というテーマを感じました。実際の血縁上のことでも過去世というものであっても。

今生で母娘という最強のタッグを組んだのは、
いま、この時のためなのかもしれませんね。

実は、この記事は28日に書けていたのに、
なんだかupする時期を待っていました。
昨日だったんですね (*^_^*) 

さぁ、熱い夏になりそうですね。
私も 応援しています。


投稿: 寿 | 2013年8月 5日 (月) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 8/7 新月にむけて | トップページ | 星と共にいこう ~ 星模様   »