« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

8/7 新月にむけて

記事を書き終わってみたら、気象庁から
「経験のない大雨、いのちを守る行動を」の呼びかけが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00000015-asahi-soci

該当する地域の方、縁故の方  安全を第一に。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あちこちで雷&豪雨が続いてますね。

大気不安定は続きそうです。
自分の内なる蠍アンテナ、使っていきましょう。

もちろん「蠍座のあなた」でなくても使えます。


(関連記事)
経験したことのない…土星・蠍・冥王星

http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-1e7e.html



さてさて、
水サインのダイナミックなうねりにのっている人も、
積年の想いが抑えきれなくなって翻弄されている人も、
ひとまず共感できる集団に入って安堵している人も、
なんだか危機フラグ立ってピリピリしている人も…

さまざまな状況があるけれど、
星模様的にいえば、個々のアンテナの指向性の違い。

どちらさまも 違いはあれど、間違いではない。

それぞれのWay of Life  なのだ。


火星が火をつけ、加勢して
ハラの内に熱いウネリが去来した7/23の満月。

どんな状況であっても、
自分の立ち位置を確認し(または 確認させられ) 
それを表明した人は多い。

仕事など社会的な立ち位置も多かったけど、
家族や恋愛など 人間関係上の位置確認も多かった。

そして「表明」は激しく、ドラマティックな傾向があった。
火花がちり、暴走し、立ち上がり、ふみ越える。


たとえば ・・・

 

続きを読む "8/7 新月にむけて "

| | コメント (2)

水のグランドトライン 満月 そして選挙

また明日~と書きつつ 20日になってしまいました。
(しかも、書いているうちに 21日です)


あと数時間 21日3:15 水星が順行する。

そして 夜があけるころ
水のグラントトライン △ を作る 蟹の頂点を
火星が通過していく。


魚の海王星、蠍の土星は動きが遅いから
ほぼ同じ場所で△の一辺を作り続けている。

その一辺に対して 正三角形を作るポイントを
動きの速い天体が順番に通過しているのは
前記事の星模様で書いた通りだ。


大雑把に書けば △の持つテーマを
6/4-16 水星と金星が活性化した。

水星が開幕を告げ、金星が気分を高める
オープニングアクトだ。


このあたりの水サインのもつテーマは共感と共有。

体験を共にする喜び。
差別・区別を超越した連帯。
連帯による感情の癒しや命の発露。

そこから生まれる新しい世界、新しい目的。

「死んだように生きる」今までから
「活き活きと生きる」これからへ。

個人では越えられない壁を、集団が越える。
その目的のために喜んで自らを投じる。


グランドトラインは流れが加速する形。

水サインは感情なので、その流れは波打ち、ウネリ、
人の心の奥底をゆさぶる。

時には 隠れた本音が浮上し、建前が破壊される。


今回は海王星がからんでいるから
ウネリは収束することなく、
常に水は深層から組み上げられ 漏れ出す。


6/26 木星が蟹に入り
約一年の水のグランドトラインの幕が開ける。

6/26,27 は 太陽が蟹の△ポイントを通過、
テーマを公言し 宣言する。

そして7/18 木星がポイントを通過することで
△のテーマは拡大し、意義あるものへ高められる。


そこを明日、7/21火星が通過することで
すでに強くなっている水サインのウネリは勢いをます。

壁にあたるたびに 集団は再構築され、
障害がうまれるたびに 助けようとする仲間がふえる。


そして7/23の満月

おさえがたい衝動と
おさえこもうとする衝動

理想にむけて動こうとする衝動と
理想のために留まろうとする衝動

それが 新たな動きを生みだす。
ダイナミックな 満月になる。

続きを読む "水のグランドトライン 満月 そして選挙 "

| | コメント (0)

星模様 ~ 天王星逆行 + 水サインのグランドトライン

ちょっとバタバタしてるうちに、明日は天王星逆行。

日付変わって 2:54 に逆行を始めるけど
すでに 7/11位から動きが緩慢になっている。

7/14からは ほぼ停滞状態で
転換日の明日をはさんで7/21まで
同じ位置に留まり続ける。

ちょっと じれったい感じが漂っているかもしれない。


自分の新しい流れは、スイスイ進んでいるんだけど、
それは内的にも外的にも衝突をうむ。

今までの延長ではない未来を思い描いた人は、
「今まで」という大きな壁にあたるだろう。

それは社会秩序や文化、地域、既存の人間関係だけでなく、
自分の習慣や考え方、過去の体験と感情の記憶まで。


自分が変わろうとしているのに「邪魔をする何か」

それは 攻撃したり回避するものでなく、
いま取り組んでおくものなのだろう。

自分が一歩進んだからこそ ぶつかったのだから。


7/11-7/21は その壁の存在を
まざまざと感じる人が多いかもしれない。

もし そういう人がいたら、
ぶつかったものと向きあっておこう。

過去の体験、感情的な記憶、思いこみ、偏見、癖…
自分の可能性を制限するものに気付き、
愛情をもって手放していこう。

続きを読む "星模様 ~ 天王星逆行 + 水サインのグランドトライン"

| | コメント (0)

ちょっとシンクロ 

ここのところシンクロが続いていることにヨガがある。

初めてお会いする方の多くが
ヨガを学ばれていたり、教えていたりするのだ。

以前からも、レイキのセッションに来る方で
「趣味はヨガです」というパターンは多かった。


でも この数カ月は レイキにあわせて
占星学/星よみに興味を持っていることが多い。

そして 「趣味以上」の ヨガをされている人が多いのだ。


こんなに繰り返し同じ言葉に出会う時は、強烈なキーワード。


とはいえ、個人的には、あまりヨガと縁のない人生なので
えっと… えっと…という感じになっている(笑)


私の周りにはヨガが好きな友人もいるし、教えている人もいる。

なのに、私の唯一のヨガ体験は、
ハワイに行った時だけ参加するクラス。
しかも、そうそうハワイに行くわけでもないので
参加した回数は数えるほど。


でも、だけど、そのヨガは 好きだ。


自分の身体の境界を意識する。

伸ばした身体の先、視線の先へ続く 私の身体は
大気のユラギの中へ融け込む。


深く息をしている時の 静けさ。
息を吐き、出し切り、肺が広がり空気が入ってくる感覚。

鼻や口や肩で空気を吸うのではなく、空気が入ってくる。
肺がふくらみ 胸骨が広がり 肩が元の位置に戻っていく感覚。

そうやって 身体の内側に 力が満ちてくる感じ。
身体の隅々をエネルギーが巡るのを
そっと なぞっていく。 

続きを読む "ちょっとシンクロ "

| | コメント (0)

スイスイいこう ~ 7/23 満月

連日の猛暑 おつかれさまです。
自分が感じる以上に身体は疲れています。
養生してくださいね。

「新月は、こんな種になりました」メールを
何通かいただいていたので、ゆっくり読んだ今夜。

いま 全て返信完了~


この3月からの体験は様々なのだけれど、
どの人も大事な時期を過ごしていた。

すごく大雑把にまとめてしまえば
「自分の新しい枠/形を模索し、ラインを引き直し、
今までの制限を超えた未来を見据えた。
または、そういう気分になった。」 というストーリー。

それを読んでいたら、
たくさんの光が一つの大きな渦になって、
ぐいぐい進んでいるような 不思議な感覚だった。

さて2013年前半のクライマックスの締めくくり
8日の新月をこえて
星模様は ひと息ついている。

目ざまし時計に起こされ、身支度をして電車に乗る。
今は車中のユラギに身をまかせる感じの時だ。

続きを読む " スイスイいこう ~ 7/23 満月"

| | コメント (2)

二つの鍵~7/8新月にむけて

夏至、満月、木星の移動&水星の逆行…
この半月ほど星の動きはにぎやかだ。

(詳細記事) 2013年前半クライマックスへ~
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-4958.html


7/2 太陽は冥王星と対峙し、
7/4、太陽は天王星の衝撃をうけた。

いまは 気持ちは過去をふり返りつつ、
未来からの導きを 感じるようなタイミングだ。


2月中旬から停滞していたものに動く兆しがみえた。

迷いなく進んできたものが、
突発的な出来事で方向転換を余儀なくされた。

やりたいと願ってきたことが、突然できることになった。

…そういった急ブレーキ、急転換、急加速を経験している人は多い。

このクライマックスは 7/8の新月&土星の順行でひと息つく。

とはいえ、変化したものが元に戻るわけではない。

次の新月は、その変化を認め、
自覚することが求められる。


2010年位からの自分の変化を経て、
これから自分がどこに立つかを 考える時になる。

住居や職場など場所を変えることかもしれないし、
今までの関係から離れ、新しい関係へ移ることかもしれない。

続きを読む "二つの鍵~7/8新月にむけて "

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »