« 星遊びの集い ご案内  | トップページ | 二つの鍵~7/8新月にむけて »

めぐりめぐりて ~ 

夏至の前日 6/20 太陽と木星が重なった場所(双子28°)で
2012年夏至の前日 6/20 が新月だったことを書いた。

直角 ~ 夏至・太陽・木星
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-0e58.html

その記事を書いて更新した直後に起きたことが
ツボにはまっていたので 書いてみます。


ふと2012年夏至の記事を読み返して
双子28°の重なりに気がついたのだけれど、
もうひとつ、老人ホームの厨房を辞めたのが
春分がらみだったことを思いだした。


夏至に思うこと
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-5cf9.html

去年の5月に厨房を辞めた後も
ホームにはマッサージのボランティアに通っていた。
同僚や入居している方との縁を残したかったからだ。

それが去年の冬至頃から予定が合わなくなり、
先月/5月 辞退することになった。

「同じ5月のタイミングで2度の辞退。
1年かけてホームから離れたんだなぁ」と思ったら、
なんだか 不思議な感じがした。

去年の春分、自分が決めたことは
「自分の心に正直になろう」ということだった。

そして大事にしていた二つの事から離れることを決めた。

春分、一つのグループから退会した。
そのことでグループは解散したけれど
仲間との関係性は続いた。

夏至前、ホームの厨房を辞めた。
人間関係を残そうとボランティアを始めた。

そういえば ブログを再開してる。


秋分、もっと大きなものから離れようと決めた。
それは「三足目のわらじ」になっていた、
仏寺での行事食を賄う仕事と、
立ち上げのスタッフをしたグリーフワークのグループだ。

三足目のわらじ
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f49a.html


この、秋分に湧き上がってきた想いは予想外で、
ものすごく悩んだのだのだけれど、
冬至を前に 辞退を申し出た。
同じ頃、ホームの人間関係も続かなくなった。


こうやって あらためて書きならべてみると
春分の宣言 「自分の心に正直になろう」が、
夏至、秋分、冬至…と 90°の力が加わるごとに
形になっているのがわかる。


そして、今年の春分 からは
ブログに記事を書き続けている。

特に夏至前は 今年前半のピークとはいえ
書いた量と費やした時間は 半端じゃなかった。

読むのも大変だったことだろうと思う。
おつかれさまでした。
感謝です。

さて さて直角~を書いた直後の出来事。
厨房で仲の良かった同僚Aさんからメールがきたのだ。

「明日、Bさん(元同僚)と飲むから合流しませんか?」の誘い。


辞めた時のことを書いた記事を読んだら、
その場所からの誘いがきた。
飲み会は翌日、夏至。

その1年前の夏至に、厨房を辞めたとブログに書いている。

時と言葉が交差してる気分だった。

余韻を感じていたら、
私と同じように誘われていたCさんから不参加のメールが届いた。
※BさんもCさんも、 私より前に厨房を辞めている。

私も仕事があったので不参加のメールをした。


翌日、夏至 直前 そのCさんから電話がかかってきた。

彼女がスタッフをしている団体でのワークショプの依頼だった。

即答で OKした。


その団体は過去の体験等が原因になって
社会との関わりにくさを感じている人が、
自分を回復し社会復帰していくのをサポートする場所。

まさに ジクソーパズルのピースを集める場だ。
京都からの一連の出来事を感じさせる。

そういえば、Cさんの家は 平山郁夫さん宅のご近所だ。
まだ 旅は続いているのだなぁ。

魂の旅
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/cat23520964/index.html



そして 数日後、 何回か参加したことのある
グリーフケアの集まりの主宰者から、
会へのお誘いのメールが届いた。

これも 参加のメールをした。


昨日はCさんと打ち合わせをした。
その場を利用する方の中には、
心に古くて深い傷のある人が多いのだという。
グリーフケアも必要とされる。


ここ数日、そして数年のことが、
音をたてて繋がっていくような感じた。



打合せから戻ったら知りあいから電話が入る。

企業のHPで 星占いを書く仕事の依頼だった。
12星座占いはしないので、と 丁寧に断った。

いい話しだけれど、自分には不要な話しだった。



そうやって、この1年を通して眺めてみたら、

「今まで」のことで 「今から」に必要なものは、
必要な形に成り変わって残り

「今から」に不要なものは 残らなかったように感じる。



で、そんな1年の準備期間、
2012年1月って何してたんだろ…と思ってみたら沖縄にいた。

そして 満月にブログを書いていた。

満月に思うこと
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1803.html


「終わるものは終わり 始まるものは始まる

それが何かはわからない

ただ言えるのは、そういうサイクルにきた時には
終わるものは役割のすんだもので
始まるものは役割を引き受けるもの…ってことなんだ」

記事を そんなふうに結んでいた。



この満月の表明が、春分の
「自分の心に正直になろう」に繋がったのかもしれない。



惑星が逆行・順行を繰り返すように
私たちも 行きつ戻りつを繰り返す。

めぐりめぐりて 生きていくのだなぁ…


そうやって、 自分のめぐりをなぞってみたら
視界がクリアになった気がする。


水星逆行の力をかりて ふり返りをすると
意外なことに 気付くことがある。

自分の めぐり、なぞってみるといいかもしれないですmoon1

|

« 星遊びの集い ご案内  | トップページ | 二つの鍵~7/8新月にむけて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星遊びの集い ご案内  | トップページ | 二つの鍵~7/8新月にむけて »