« 星模様 2012年 夏至にむけて  | トップページ | 星模様 5/25満月-6/9新月  »

ありがとう京都 ・ 5/25満月のあとに 

おととい京都から帰宅しました。

京都で出会った人や場所、
ご縁に感謝しながらの帰路でした。

ありがとう ありがとう ありがとう 


25日に射手で満ちた月が、山羊~水瓶と進行し
満月の余韻のなかにあった時期。

特に京都市は、街の北の鞍馬山にある鞍馬寺で
24日夜 ウエサク祭があった後だったからか
街に 独特の清浄感が漂っていました。


鞍馬寺のウエサク祭は、
天界と地上の間に通路が開くとされる五月の満月の夜、
集う人が一夜の修行を共にするという祭典だ。

近年は、大勢の人が参加され、
個人的な様々な想いが渦巻いているけれど、

鞍馬寺の主旨では、ひとりひとりが、
心の中に秘め持つ
美しく浄らか(きよらか)な魂/霊性にめざめ、
心にともしびを輝かせ、
世の光明となることを誓う場とされている。


過去に何回か参加したことがあるけれど、
祈りの波動が満月の光で高められ
鞍馬の山から響きわたっていくような感じだった。


そんな満月の余韻にみちた京都で、
星遊びの集いを開き、
星の言魂をひもといた三日間。


星遊びの集いは、人数が少なかったのを幸いに
個々の星の位置をだして
その日のホロスコープに重ねてみたのだけれど
満月を作る太陽と月のシンクロに満ちていたなぁ。


太陽を支配星とする獅子サイン。
獅子に対峙する水瓶サイン。

月を支配星とし、6/26木星が入って旬を迎える蟹サイン。

それらを軸にして、
ひとりひとりの星が語るものをみていくと
それは この時期のテーマと重なっていた。

そしてまた、ひとりひとりの6月以降の予定も
星と共に美しいリズムを作っていた。


「今まで」に基づく  狭い未来ではなく、
「今まで」から解き放たれ、自由な未来をイメージすること。

それを邪魔する 「今まで」の秩序や癖や思い込みを
新しい風をいれて解体すること。

自分の新しい舞台の創造。


ご縁あって参加された方たち ひとりひとりが
心のともし火を 新たにされるタイミングだったようだ。


もちろん個人的にも 新しい風が拭きこんだ。

そして5/31 蟹に移った水星と魚に移った月のサポートで
新しい空気感の内から言葉を汲みあげてみたら…
未知の未来へ 道が繋がった。

これは またシェアさせてくださいね。

さて、そんな25日の満月は、
とてもパワフルな満月だった。


他にもいろんなものが重なったせいもあって
満月前23-24日は、エネルギーダウンを起こしたり
頭痛やめまいなどで倒れた人が多かった。

そして満月後は
水星・金星・木星の三重奏が協調して
思いや価値を新たにする体験をした人が多かった。


そんな今から 6/9の新月までは、
6-8月にかけて繰り返し訪れる
私たちの選択の始まりとなる。

そんな大事な時なので丁寧に書いてたら、
いつものごとく長くなってしまいました。

なので、記事をわけて UPしますね。


おまけ 
鞍馬寺ウエサク祭 
心のともしびのロウソク。 


100527_233301_3

|

« 星模様 2012年 夏至にむけて  | トップページ | 星模様 5/25満月-6/9新月  »

太陽・月」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星模様 2012年 夏至にむけて  | トップページ | 星模様 5/25満月-6/9新月  »