« 自分の美しさに気付くこと ~金星・冥王星  | トップページ | ありがとう京都 ・ 5/25満月のあとに  »

星模様 2012年 夏至にむけて 

(2013年 HPより移した記事です)


◇◆◇ 星模様 2012年 夏至にむけて ◇◆◇

たとえば「チャンスがきてますよ!」と言われた時
「よし今だ!」と行動を起す人もいれば
「どんな良いことが起きるのだろう」と辺りをうかがう人もいます。

同じ情報を受け取っても、人によって反応は様々です。

そして自分の内に湧き起こる「何か」に気付いた時も、反応は様々です。

天体の動きに対しての反応も、然り。

「時」「タイミング」の雰囲気/ニオイのようなものを感じても、
個々のアンテナがどう受信して、どう知覚するかで、
起きる出来事は変わるのです。

 
人間は身体のほとんどが水でできています。

水は温度によって形状を変え、器によっても形を変えます。

小川はチョロチョロ流れますが、
岸が狭まれば急流に、大河に至ると力強い流れに。

熱い鉄板に水を落とせば一瞬で蒸気に、
そして極寒では一瞬で氷になります。

だから、人の心身/気分は ウツロイヤスイ。

身体も心も、天候にユラギ、環境にユラギ、
五感の受取る情報にユラギ・・・

心のユラギは行動を引き起し、
行動が出来事を引き起こし、

そして人との関係を変えるのでしょう。

私たちは目に見えない天体の動きを、
五感(もちろん第六感も)を通じて受取り
五感に応ずる形でユラギを感じ、
事象/出来事を引き起こしています。

天体の動きに意識を向けると
ユラギは心地良いものとなります。

感情が豊かにあふれ、時に翻弄されていても、
どこかで起きていることを「意義あるもの」としてハラにおとし、
納得できるように思います。 

もちろん、それが受け止め難い出来事であっても。

その辺りのことを意識していくことは、
2008年から激化している新しいサイクルの移行期を
流れにのって過ごすコツかもしれません。

さて、4月4日にスイッチの入った「ウネリ」は、
日食・ヴィーナストランシットという「再生・新生」の門を通りぬけてきました。
 
ザワザワした予兆、
何かとの決別、
違う価値観との出会いや衝突挫折・・・

そういった衝撃や違和感をきっかけにして
「今のの自分(志向・価値観)」に気付く事が多くみられました。

6月12日、木星が双子に入り、
ウネリは太く大きく広がっていきます。

異なることとの衝突は増えるかもしれませんが、
「自分」の確認ができた人には
「衝突」は 「運命との出会い」「ソウルメイトとの出会い」に感じることでしょう。

毎年6月にある夏至は、自分の再確認点。
「これから・未来」を棟上する柱の1つです。

とりわけ今年の夏至は、あれこれ言われる2012年冬至と向きあう時。

個人的なことのみならず、
光の存在としての自分を「今」「ここから」に刻む時。

魂の道とよばれるものへ導かれ寄り添っていく時。

4月からの日々が助走だとすると、
夏至は大きく踏み切って跳躍する動きです。

世の中も大きく変わるだろうし、自分をとりまく環境も、人間関係も。

躍動を感じて流れにのるのもいいでしょう。

感じないように目を背け、耳をふさぐのもいいでしょう。
「日常を忘れられる」ものは世の中にあふれていますから。

星は、どちらが正しくて、どちらに利益があるかは語っていません。

 
今、自覚して進み始めるのか、数年後に叩き起こされるか。  

時代を生きるのか、時代に翻弄されるのか。 

    それだけのことです。

でも、それだけのことが、実は大きなことなので
繰り返し何度も天体の作るタイミングが重なっていたように感じます。

 
夏至は光の極みでもあります。

様々なものがクリアになり、大きな分岐点となりそうです。

心を偽らず、身体に正直に、
自分自身を確認してみるのが いいかもしれませんね。  

  

|

« 自分の美しさに気付くこと ~金星・冥王星  | トップページ | ありがとう京都 ・ 5/25満月のあとに  »

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の美しさに気付くこと ~金星・冥王星  | トップページ | ありがとう京都 ・ 5/25満月のあとに  »