« 星模様 土星×海王星・天王星×冥王星   | トップページ | 5/25満月~見上げてごらん夜の星を »

星模様 5/10新月~5/25満月

日本では観測できないけれど、
10日の新月は日食(金環食)だった。

新月/満月は 太陽・月・地球の周期的な直列がおこす天象。

その特別なものが 日食/月食とよばれる現象だ。

月の交点とよばれる、地球からみた太陽の通り道(黄道)に、
月の通り道(白道)が交わるところで太陽と月が出会う。
周期的におきるタイトな直列。

月の交点は天体と違って形のないものだけれど、
月の軌道上を周期的に移動しているので、
占星学では交点を天体と同じような扱いで考察する。

新月/満月は 太陽と月のリズムの重なりだけれど
日食/月食は そこにもう一つのリズムが重なって
三重の響きを奏でることになる。

交点は形のないもの。
だから、そのリズムが太陽・月のリズムと重なると、
私たちの日常と見えない世界~精神や魂との間に橋がかかる。

日食/月食がパワフルだといわれる所以だ。

さて、4/26の満月は 部分月食だった。
そして次の満月5/25も部分月食になる。

月のサイクルから考えれば、
4/10新月の種は、4/26に開花する。
それを確認した次の種は5/10にまかれ、5/25に開花する。
そして、また、
それを確認した種が、6/9にまかれる。
(参考 : 新月の後で)
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/510525-79dc.html


5/10は日食だったので、私たちそれぞれの特別な場所に
種をまいたのだと思う。

4/26満月に現実を見定めることは
いつもより 力がいることだったかもしれない。

そして4/10の新月は、特別な場所を作るため
強烈な浄化を伴っていただろう。


次の満月は 5/25

私たち 1人1人は、どんな現実を見定めるのだろう。

そして、どう理解して次の種へ活かすのだろう。


ちょうど1年前、日本では日食が観測された。
その前後のことを 思い返してみるのも
何かヒントがあるかもしれない。


そしてまた、この時期を過ごす時、
覚えておくといい大きなリズムがある。


それはヴィーナストランシット

(参考記事:金星の外合・天王星)
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-0478.html
(参考記事:台風と金星と)
http://pre-go.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-c3f9.html


2012年6/6の太陽・金星・地球の直列(=新金星)からのサイクルだ。
2013年3/29の開花(満金星)をへての結果が、
間もなく 5/30の頃なのだ。


これは約584日で巡る、
精神的豊かさも物質的豊かさも成長させるリズム。

次の種まき(新金星)は2014年1/11になる。

   あっ、 111 shine


もう一つ、意識しておきたいのは
双子サインで放たれる輝き。

来月 6/26、木星が蟹へ移ると、
1995年から18年続いた風サインの高揚が鎮静化する。


(参考 : HP  ”この時期のpre go” )
http://homepage3.nifty.com/prego/page022.html


18年の ご愛顧に感謝して
天秤・水瓶の分も合わせて
スポットライトがあたっている。


双子は相互交流。
つまりは、相対するものに興味・関心を持ち
知ろうとすることから生まれる交流/動きだ。

風サインは交流、バランス、循環など
常に内外に動きを生みだす。

双子のキーワードになる
言葉やコミュニケーション・知の理解・通信・流通・旅.....
そして"相対する"ということについて、
とっても考える時期になるかもしれないね。


最後に 時期的なことをメモしておくと 

5/14 - 20
関心をもって開いた扉は、閉じないでおくといい。
それが新しい知識にふれることならば、なおさら。

情動に煽られず、溺れず、
起きていることの本質に目を向けようと意識するといい。

5/19-21
新鮮な風を求めよう。
自分の未来を、強く思い描いてみよう。

周囲に理解されなくてもいい、
一般的なやり方にあっていなくても大丈夫。

自分が強くひかれるものへ向かって 一歩踏み出そう。

そのための情報や知識を どんどん手にしてみよう。

5/25 満月
"こうあるべき"自分、"ねばならぬ"自分

それは 今の自分にとって 美しいものだろうか。
そして、今そう生きることは、どんな意義があるのだろうか。

月の光の下で、静かに自分の内側
意識の井戸をのぞいてみよう。

5/25-30
知っていること、知り得たことを整理してみることで
そこに新しい価値/新しい秩序を見つける。

今まで大切だったものが、
意味のないものになるかもしれない。

知によるブレイクスルー。
大きな飛躍のチャンス。 

この期間を通じて、意識するといいのは
形なきものに言葉を与えるということ。

はっきりしていなくても 大丈夫。
曖昧なら 「曖昧」
言葉にならないなら「言葉にならない」

うすぼんやりと イメージがあるものを
言葉にすることで、現実的な動きがうまれる。


相対する相手が、自分自身という人も多いはず。

先が見えない時でもあるのだけれど
見えない未来に目をむけ、
不安をなだめ心を開いていけば、
未来が 自分を呼びせてくれるだろう。


この雰囲気は 夏至まで続く。

でもね、5/31までに ひとまとめつけておくと
ちょっと いい感じshine

|

« 星模様 土星×海王星・天王星×冥王星   | トップページ | 5/25満月~見上げてごらん夜の星を »

太陽・月」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星模様 土星×海王星・天王星×冥王星   | トップページ | 5/25満月~見上げてごらん夜の星を »