« 感情って… ~水サインの水星逆行 | トップページ | 1.2.3  »

星模様 4/26満月~5/10新月

HPの星模様でもふれたように,
この時期、何を守り、何を選ぶかということに
葛藤している人は多い。

この時期というのは「4/20~」、
太陽・金星・火星…と天体が揃う牡牛サインと、
土星の滞在する蠍(さそり)サインが同じテーマで向き合っている。
保存・保持するというテーマだ。


よく喩えに使うのだけど、牡牛サインの「持つ」というのは
子供がおもちゃを抱え込み
「これ、僕のだ!」と放さないのと似た「持つ」。
「持つ」ことが目的で、それにこだわり、
持っていることを実感することで安定する。愛着。

蠍サインの「持つ」は熟慮と選別を経ての「持つ」。
身の内に抱え、そっと対峙する。
それを失うことなど考えられない、強い保存欲求。執着。

※注 サインについては文末に補足があります。


誤解されがちな部分なのだけれど
私たちは12のサインのテーマを全て持っている。
強弱の差はあれど、12のテーマ全てが自分なのだ。

だから、この時期(特に4/20-5/20)は
安定・所有・保存・執着・欲求・選別をテーマにした葛藤が
誰の心をゆらしても不思議ではない。

人によって「すっきりしない不安定な」気分になったり
悩みになったり、「手に入れる」という行動になったり。
そういう個人差はあれど、空気感は共通なんだ。



さて、2011年3/12以降、牡羊サインの天王星は
私たちの目からウロコを剥がし、視点を更新し続けている。


自分が働きかけ積み上げた安定、
たとえば人・物・お金・仕事、また自分のイメージ・キャラクターは、
新しい情報と出会い視野が広がることで自動更新されている。


けれど2011年以降は見る景色の変化が激しく、
情報があふれかえっているために、
安定のために情報を制限し、視野をせばめ…
手動更新に切り替えている人が多かったのだ。



でも、この3月、それが通用しなくなってしまったように思うんだ、。


この2年間、開封していなかった情報や状況が
「さあ、どうする?」と 押し寄せてきた感じだった。

「現状を見直すしかないか」と決めた人は多かった。
それと同時に思い描く未来と、現状のギャップに
焦燥し煩悶した人も多かった。

だって、現状維持も、新しくすることも、
どっちも難しくみえるのだから。


それでも、4/15から天体が順番に牡牛に移動して
新しい何かと今までの何か、どちらかをターゲットし
それを守ろうという気分は強くなっている。

みんな、がんばって 決めようとしているんだね。


いま聞くことの多い話しには二つのパターンがある。

たとえば、仕事に不満があり転職を考えたけど
経済的に不安だから我慢した。(今の生活は維持できた)

または

仕事に不満があり転職をしたけれど、
給料は減ってしまった。(仕事は充実している。)

顕れ方が違うだけで、この二つは同じテーマにたっている。

喩えは転職だけれど人間関係・恋愛・進路・生きる意義・生活習慣…
どんなことにも、あてはまる。

う~ん、どのことであっても、ちょっと難儀な感じがするね。


いま私たちに訪れている星のギフトは
深く考えた末の自分の選択。

その過程で自分の内にある熱情と出会うこと、
そして、自らの選択×熱情×保存がもたらす奇跡。

つまりは

欲しいものを、欲しいと思うこと。

でも思い通りにならないことがあるのを理解すること。

その上で、方法を探り、やり続け、手にいれること。

そんなプロセスの始まりのようなんだ。



時期的なことを書けば
4/22~5/1は、葛藤のピークになる。

その中でも26日の満月は、自分の心の内の
何かを強く欲する気持にスポットをあてる。

そう思う自分を醜いと感じ、嫌悪し、
私をそんな気持にさせる人や状況を
糾弾し処罰しようという衝動をおこす。


欲しいという感情を認めた場合は
それが手に入っていない現状が耐え難いものになる。

コンプレックスが刺激されたり、
過去の選択を悔い、その選択を促した人や状況に
過剰に補償を求めようとする。

そういった感情に「キマリ」をつけるには
自然の理や先人の言葉が約にたつ。


求めるための、手放し。

それは、ここからしばらくのキーワードになる。


4/29 悟りのチャンスが訪れる。
心に響くもの、ふと手にした何か、悩み疲れ眠ること
それは、ブレイクスルーの兆し。

5/1  焦燥と停滞。緊張のピーク。
神経は過敏になり、敵を求める。
無意識の破壊衝動が形になる。

5/2-7 やるべきことがあった方がいい。
気晴らしに遊びにいくことよりは、
仕事、約束、義務的なことが、助けになる。
 
5/7-10 10日の新月まで感情を掃除しておこう。
7,8日は言葉が勢いを持つ。話すことで放す。
できれば話しを聞く専門家を使う。

5/10 新月~5/13
古い私を手放し、私を更新しよう。
穴の空いたコップに水はたまらない。
訪れる豊かさを身にうけるために、
不満・不足 「感」 を手放すことを許してみよう。


今年は夏至位までに「自分」を確認しておけるといいかな。
何者かになるのではなく、自分でしかない自分を見つめる。

吸収するのではなく、減らしていくこと。
その辺も、なんだかヒントきてます。



※注
蠍サインは、とか 
牡牛サインは、とか
こういうこと書くと、そのまま人にあてはめて
彼女は蠍座だから執着が強い、とか
他人をタイプ分けし始めちゃう人がいます(笑)
 
星の言葉を矮小化し型に押し込めたのは
12星座占いの功罪ですね。

とはいえ他人をタイプ分けする誘惑は甘美なものだから
エンターテインメント、パーティージョーク、
個人的な妄想として 楽しむことを おすすめします。
 

|

« 感情って… ~水サインの水星逆行 | トップページ | 1.2.3  »

太陽・月」カテゴリの記事

星模様」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感情って… ~水サインの水星逆行 | トップページ | 1.2.3  »