« 美しき目覚め ~金星の外合・天王星~  | トップページ | Go Go Go ☆  »

10とか 11とか  150度(インコンジャクト)とか

春分からスタートした星の言魂~Key of Life~のために
たくさんエスキースを描いた。

老眼にムチ打って Stargazer(占星学ソフト)をチマチマと動かし
数字をひろいホロスコープを描きあげ
そこから聴こえてくる音を紙面に描き込む。
コーヒーを飲んで、目薬さして(笑)
検証のためにネットを泳ぎ、古い手帳をひっくり返し
再びコーヒー飲んで目薬をさす・・・

セッションと旅以外は、そんな日々が続いていたのだ。


そんなことしてると、中にキラリンshineとするものがある。

たとえばタイトルにある,10.11という数と、150度。

この150度というのは惑星と惑星が作る角度の一つで
占星学ではインコンジャクト(orクインカンクス)とよばれる。

二つの惑星の位置の差が特定の角度を作る時
その惑星同士にその角度に基づく関係性が生じる。

・・・のだけれど
inconjunct はin + conjunct
inは無い・欠け、conjunctは結合・近接
無結合つまりは接点が無い感じの関係性になる。

関係無い関係? 
意味ないのでは?

と思いきや、この150° なかなかどうして
ただものではない関係性なのだ。

AとBが対向するなら意見を交わせばいいけれど
接点がないから喧嘩すらできない。
相いれないものが内在する不安定さ、緊張。

でも、そこに橋がかかってしまうのが150°だ。

たとえば接点の無い人と二人だけで席についた時、
「早くどっかいけばいいのに」と思いつつ
自分のやることに集中して
関わりを持たないようにすることができる。

そしてまた、緊張が耐えられず
なんとか話しだけでもしようとして
試行錯誤して関わろうとすることもできる。

結果、接点がつくれなくても、
前者は自分のやることに集中できただろうし
後者は試行錯誤してるうちに自分の枠が広がるだろう。


どちらのやり方をとったとしても
150°は日常では到達できない極みへ
枠をこえた極みへ自分を押しやる。

未知の可能性を垣間見るかもしれないし
奇跡や天才をうむかもしれないんだ。


この春分から今日(4/2)くらいまで
件の150°がいくつもできていた。

木星@双子と土星@蠍
木星@双子と冥王星@山羊
火星@牡羊と土星@蠍
太陽+金星@牡羊と土星@蠍

150°そのものは珍しくないし
来週からはベリーハードな予感の
天王星@牡羊と土星@蠍がひかえてる。

それでも、春分からの150°たちに
キラリンshineとしたのは
角度を作る惑星の位置が10°~11°だったから。

10と11という数を数秘術でみると、10は1になる。
11は特別な力を持つ数なので、そのままだ。

1には、始まり・新しいこと・切り開くという力があり
11はインスピレーション・使命・才能という力がある。

春分からの約2週間。
説明できない緊張や落ち着かなさに煩悶したり、
折り合いのつかない案件に思考錯誤したり、
ひきこもって自己の探求に熱中してみたり・・・

そんなことしてた人、多かったのじゃないかな。

それだけやっても、
目の前のことは何も変わらなかったかもしれない。
でも、自分のどこかが切り開らかれ
新しい可能性へのゲートをくぐったかもしれないよ。


占星学にヒントを求めても
10°・11°は、準備が終わって動き出す度数なのだから。


150°や、150°の関わる組み合わせ(yod)を
不運とする見方もあるけれど
星に吉凶はないし、角度は関係性でしかない。

たしかに楽な時期ではないけれど、
ソウルパスへと導かれる時なんだ。

だから 重ねた体験は 貴重な糧になる。
ラッキーなタイミングなんだ。

しんどくなったら 空を見上げ、
夜空の星に想いを馳せよう。

大丈夫 すべてはうまくまわってる。

|

« 美しき目覚め ~金星の外合・天王星~  | トップページ | Go Go Go ☆  »

グランドトライン.グランドクロス.アスペクト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音・光・数・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美しき目覚め ~金星の外合・天王星~  | トップページ | Go Go Go ☆  »