« 満月 新しい風を求めて | トップページ | 10とか 11とか  150度(インコンジャクト)とか »

美しき目覚め ~金星の外合・天王星~ 

地球から今日の空をみあげれば
360°/0°のゲート=春分点のすぐそばで
太陽・金星・天王星が共演し三重奏を奏でている。

ちょうど24時間前
3/29に入ってすぐに、金星・太陽・地球が並んだ。

金星が、2012年6/6の内合shine
そう、ヴィーナストランシットからはじまったサイクルの
ちょうど折り返し地点(外合)にきたのだ。


植物で言えば6/6にまいた種が芽をだし成長し
今日は花が満開になるタイミングになる。

種をまいて芽をだすまでは、どこにまいたかもわからないし
つぼみがふくらむまでは、どんな花が咲くかわからない。
そして、その実の形は、もう少し先にならないとわからない。
実は収穫して終わりではない。
計測し出来を評価し分配し、そして種を保存して次の準備をする。

ふり返りたい気分の人用にタイミングを書けば
2012年6/6にまいた種は8/6頃に発芽し
9/8頃に地面から顔をのぞかせた。

最初は言葉や気分だけだったものが
存在感がでてくるのがこのタイミング。

そしてつぼみになったのは2013年立春。
最初の花が開いたのは3/6だ。
形になったり、他との関わり生まれるタイミング。

このあと実になるのは5/30頃。
収穫は6/27頃・・・と、サイクルは続いていく。

金星と地球のサイクルは
植物の成長にたとえられるような
豊かな成長と調和のリズムを奏でる。

今日はそこに天王星が音を重ねている。

もしかすると今ある状況は
あの頃、2012年6月以降に思い描いていたものと
違っているのもしれない。

喜びと光悦の中で始まったものが
色あせてしまったことを気付くかもしれない。

逆に予想しなかった事が花開き
「咲いてますよ」と人から言われて驚くこともあるだろう。

そして去年の秋以降、
自分が身を置く環境が違うと気付き
それ以上進むのをやめたものがあるのなら、
やめたことの意味を知るのは今だ。

それは無駄な歩みだったのではない。
だからしっかり刈り取り、熟成させて
次の種まきの糧にしよう。


今日の三重奏は私たちを美しい目覚めへと誘う。

心にふきこむ新鮮な風は
精神の火を明々と燃やし
高揚させるだろう。

夢や理想が蘇るのと同時に
相いれない現実を直視することになる。

美しい目覚めは
優しい目ざまし時計ではないかもしれない。

そして意識の目覚めは一瞬だけれど
同じように一瞬で日々の雑事の中に
埋もれてしまうのかもしれない。

でも、きっと それはそれでいい。

今は、目からウロコがおちるような
視界がクリアになる瞬間が必要なんだ。

そうすれば次のサイクルが動きはじめる。

三重奏は30日の昼過ぎまで鳴り響く。
しばらくは余韻も残るだろう。


余韻の残るうちに
起きてることが嫌なら嫌だと
悲しかったら悲しいと口にだしてみよう。
憎いなら憎い、悔しいなら悔しいと。

そしてもちろん、幸せなら幸せと口にだそう。

そのうえで、もし少し感情のおさまりがつくならば
今この瞬間に生かされていることを感謝してみよう。

誰かが許せなくても、
何かに絶望していても
自分には「ありがとう」って口に出してみよう。


それは喜びを運ぶ言霊に変わる。
いまは目に見えなくても、必ず届く。

美しい目覚めは
命の目覚め。

|

« 満月 新しい風を求めて | トップページ | 10とか 11とか  150度(インコンジャクト)とか »

天王星・海王星・冥王星」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

水星・金星・火星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満月 新しい風を求めて | トップページ | 10とか 11とか  150度(インコンジャクト)とか »