« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

新月のヒトコト

13日は2012年最後の新月。

新月は月のサイクルが終わると共に
新しいサイクルが始まる ゼロポイント。

「今まで」が終息し、混沌とした闇に光が射し
光の中で新たなサイクルの躍動を感じる。

日々の忙しさに埋もれていた目標や夢を思いだし、
窮屈さや緊張が解けたり、振り解こうと決めたり、
身体にダメージを感じたり、回復しようとしたり・・・

28日周期で繰り返される
身体も心も 「我に返る」瞬間。

13日までは焦燥や緊張が強くなる。
一年分、もしかすると数年分のユラギが「我に返る」


過去は闇へと融け込んでいき
未来を萌芽する鮮烈な光がやってくる。


ここからしばらくは
内からあふれる言葉に耳を傾け
身体を丁寧に扱い
命を慈しみ 命を尊び 命を喜んで過してみよう。

16日を超え、私たちはカタパルトを装着する。
どんな状況でも、どんな状態でも
自らの意志の命ずるままに 飛び立つのだろう。

ここからしばらくは一人だ。


あなたを縛りつけていた何か。
周りに積み上げられた囲い、
足にからみついた蔓草、
肩に背負わされた岩さえも、
ここから先は 変わっていく、 
変えていける。

新しい舞台で 何を演じるのかを
一人一人が選ぶことができるんだ。
あなたが望むならば。



新月は太陽と月の奏でるタイミングだけれど
私たちは、いま
銀河と魂が奏でるタイミングへと向かっている。

一人一人の内なる宇宙に
煌めくような音が響き始める。


崩れいくものの音ではなく
心をユラス音に耳を傾けよう。

心を痛めながら生きることは もう やめよう。

肩の荷をおろし
足のくびきをはずし
過去の嘆きの数々を  そっと解放していこう。

そんなプロセスがはじまるよshine

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »