« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

星模様2012年 秋分 少し土星~ 冬至へ 

(2013年11月 HPから移した記事です)

◇◆◇  星模様 2012年 秋分 少し土星 ~冬至 ◆◇◆

今年の春分の星模様でも書いたのだけれど、
2012年は私たち1人1人が
「これからどう生きるか」を選択する節目になる。

2008年からの変動と、
2011年からの変化を理解し(理解せざるをえなくなり)、
新しい領域で、何者として、どう生きていくのかを問われ続ける一年。

それが社会・地域という大きく曖昧な領域のことでも、
家族や友人といった小さく密着度の高い領域のことでも。

そこで生きる、生きていくための、
自分の価値観・基準を決める。 

自分が「何を大切に生きていくか」を決める。

それがもし「”みんなと一緒”でいいや」でも、
「みんなと一緒が大切」と決める。  

誰もが心の片隅に、そうしなきゃならない予感を感じているけれど、
日々の忙しさに忘れてしまっている。

そして、もしかしたら、忙しさで忘れようとしているのかもしれない

だって、そんな難しいこと考えなくても
日々は過ぎていたのだから、今までは。

だからこそ 「何かが変わってきている」って感じていても、
あえて口に出さずにきた人もいる。

でもね、秋分前後を境に状況が変わってくるようだ。

続きを読む "星模様2012年 秋分 少し土星~ 冬至へ "

| | コメント (0)

そろそろ助走 

お休みも残り二日となりました。
後半は友人がスケジュールに空きができたので
一緒に旅に出ました。

まだ旅の空の下。
明日、帰ります。


11日を境に、少し動きが変わってきてる人が多いかも。

13日は獅子に入った金星と、牡羊の天王星が響き合う。
新しい一歩について動いてみるのがいい。

想いをめぐらすだけでなく、
誰かと語りあったりするのもいい。

想像したことを言葉にすることは
創造への第一歩。

想いをめぐらすことには
損も得も、失敗も成功もないのだから、
ピンときたことを言葉にした方がいい。

「夢みたいだね」って笑われたら、
「夢は大きい方がいいんだよ」って笑いかえそう。


自分自身も、世の中も、
圧の強い日々が続くけれど
そんな時こそ空を見上げ、大きくのびをして
地球のリズムを感じてみよう。

朝日がのぼり、夕日が沈む
月が満ち、月が欠ける
打ち寄せる波、かえる波

吐く息と、吸う息
胸のうちに成り響く鼓動 

命のリズムを感じてみよう。

| | コメント (2)

ルーンのメッセージ 

少し前の記事でルーンのことを書いたら、
ルーンってなんですか?と聞かれた,

そっか、知らない人も多いのだね。

なので今日はルーン(たち)を紹介しようと思います。


文字としてのルーンは1世紀頃までに編成されている。

現代では石碑や装飾に名残をみるにとどまるけれど、
ラテン文字(アルファベット)が普及するまでは
日常的に使われていたのだという。

だから文字としてのルーンは、古のものなんだ。

でもルーンにはオラクル(神託)をえる道具としての側面もあり
護符や呪術などに使用されてきた歴史があるのだ。

なぜならば、文字の形が自然や動植物の力を象徴していて、
組み合わせて護符を作ったり持ち物に刻むことで
超越的な力の加護をえると考えられていたからだ。

木片や石などに文字を刻んで袋に入れ、
引いたり撒いたりして出てきた文字で神託をえることもされてきた。

最近では、スピリチュアルガイドとして使われることが多いのかな。


うちのルーンたちとの出会いは1999年。
不思議な縁が重なって我が家にやってきた。

自分のために使うことは少なくなったけれど
旅に行く時は必ず一緒にいく大事な相棒。
あちこち旅したよねぇ、
実際の旅も、魂の旅も。

今まで、どれだけの人がこのルーンをひいたろう。
どれだけの人の気付きや決断を促し、
喜びや癒しの涙を流させただろう。

うちのルーンは、私たちが循環する流れのどこにいるか、
「タイミング」を知らせるのが得意なんだ。

いつも近くに星の言魂が満ちているから
銀河チックな視点でものを言ってくる。


だから、誰もが現れるルーンとのシンクロを感じるし
まさに「今」必要なメッセージをえることができるのたど思う。


ただ袋から1個だすだけで、
内なる宇宙とチャネルすることもできるし、
今日のランチをどうするか、なんてことも相談できる。
心つよい相棒なんだ

ちょっと ほめすぎちゃったかなshine

でも、いつも お世話になってるからね。

さて、ブログを読んでくれた人に、メッセージをお願いしたら
ころんと  ↑ のルーンがでてきました。

「自分の想い、必ずやりとげられるよ!」 by ルーン

このルーンがでてくる時って
何のために頑張っているのか、
目標を見失わずにいさえすれば、
どんな困難な現場でもクリアできるんだ。

希望を胸に刻み直してね。

あ~、しかもこのルーンは「星」だった
ルーンたちも 今日の blog  読んでたのかなぁ  confident 

Ts3p0139_2

| | コメント (0)

水星の逆行/順行

このblogでも何度か書いているけれど
「惑星の逆行」という現象がある。

地球は太陽の周りを一年かけて巡っている。
同じように他の惑星も太陽の周りを巡っている。

その巡りを地球から観測すると、位置や周期の関係で
必ず惑星が留ったり、後退しているようにみえる時期がある。

それが「惑星の逆行」だ。


占星学で惑星の逆行というと
特に「水星の逆行」に言及することが多い。

それは水星が年に3回ほど逆行するということもあるだろうし、
水星のエネルギーが短期的/瞬発的な動きとして現れるということもある。

つまり、水星が逆行すると
直ちに・わかりやすく空気感が変わるのだ。

そして逆行中は「いつもと違う」スピード感に支配される。

水星の逆行は3週間ほど続く。
だから逆行の後半は、すっきりしないモジモジした気分になることも多いし、
水星が順行した時の解放感は独特なものになる。


続きを読む "水星の逆行/順行"

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »