« ユラグココロ ユラグオモイ /金星・海王星  | トップページ | 喧騒のあとで/新月@獅子  »

美しき夜明け 

昨夜は友人と夏の夜のおしゃべり。
アンテナ感度がものすごくよい彼女と
「ここから」の話し、匂ってること、たくさんシェアした。

いま感じてること、ココロの声を丁寧にシェアして
二人で「言葉」にしていく。

この時とばかり会話に参加(?)するのは
ルーンの刻まれたローズクオーツ。
(※ルーンは自然の力を象徴する様々な記号)

ルーンたちの会話のセンスは絶妙だ。
枠がないぶん驚きと可能性に満ちている。


こうやって二人(+ルーン)でシェアしながら生まれてくる言葉は
とっても心地よく身体に響くんだ。
そして、準備されていたかのように、直ぐにリアライズする。



もちろリアライズするといっても
一瞬で全てが変わるわけではない。

しんどいプロセスも多いけれど
それはそれで「やることやるだけ」。

なにが起きても自分の選択、ハラにおちている。
理不尽さにハラがたつことはあっても
不平不満愚痴にはならないし、挫折することもない。

時々、息抜きしながら 進めや進め!なんだ。


話し疲れ、笑い疲れ、心地よい余韻のまま
雨の第三京浜を下る。

雨ふりなのに、紅に染まる夜明けの空。

何重にも重なったビロードのような雲は豊かに光を孕み
ディープマゼンタからコーラルへと
美しいグラデーションをつくる。

わき見運転にならないよう気をつけながら
心の目は、ドラマティックに変わっていく空に夢中になっている。

保土ヶ谷を過ぎ、戸塚へ入り
夜の闇が去り、朝の光が満ちてくる。


ふと彼女と話した、魂の旅のことが思い浮んだ。
その時に手元に現れたルーンたちの表情も。

「うん、うん。そのことに集中しよう。」と言葉にしたら
右の方から誰かによばれた気がしたんだ。

窓の外を見ると、大きな虹。
朝日をあびて光の柱が立っているshine

一般道へ折れ、車を停めて、写真をとる。

雨あがりの空へ
虹は、天高くそびえたっていく。


あぁ、なんという恩寵なのだろう。


地上からみあげた星模様は
今日から新月にかけて、真意を問われ続けるような
厳しさを感じる時になる。

けれどまた太陽系では、金星・天王星・水星が響きを重ね
私たちを、新しい知の理解へと導いている。

意識に新しい風のそよぐことを恐れなければ
2012年のシフトは光に満ちたものになるだろう。


美しき夜明け。

光の恩寵は長い時間続き
朝日が大地に満ちると共にきえた。


これは みんなの ギフト 

Niji_2012814

|

« ユラグココロ ユラグオモイ /金星・海王星  | トップページ | 喧騒のあとで/新月@獅子  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユラグココロ ユラグオモイ /金星・海王星  | トップページ | 喧騒のあとで/新月@獅子  »