« ジュピターリターン~双子・木星 | トップページ | ふたつの時間 ~ 木星 »

ふたつの時間 

ふたつの時間という言葉を耳にするチャンスがあった。

グリーフワークの勉強会で講師をつとめてくださったNさんの言葉。
Nさんは親を亡くした子供たちのケアに携わっていて
長年の活動体験に基づく言葉は平易で心に響くものだった。

グリーフワークは人が様々な喪失体験(死別・離別・肉体の喪失...)から
体験を超え、時に抱えながら再生していく働きのことをいい
その個人的なプロセスを支えることをグリーフケアと称する。

言葉としてはターミナルケア・ホスピスと共に
1970年代の終わりに知られるようになったものだが
2005年のJR福知山線脱線事故を契機に
研究・啓蒙が本格的になったものだ。


「で、なんでグリーフワークの勉強会?」は
自分のジュピターリターンの話しになってくるので
次の機会にゆずるとして・・・

 ※実は「ふたつの時間」の話しを書こうとしたら
 脱線して書いてしまったのが前記事「ジュピターリターン」なのだ。


Nさんはお話しの中で「生活の時間」と「命の時間」ということを語られた。



『生活の時間は、社会的な時間ともいえ
 正確に流れる効率的な時間。

 命の時間はプロセス。
 流れたり止まったり、戻ったり進んだり
 効率的ではない時間。

 人の心のプロセスであるグリーフワークは
 非効率的・非生活(日常)的。
 だから効率を重んじる現代社会では邪険に扱われ
 時間通り進まない心を「病気」ととらえがち。
 これを丁寧に扱っていくことが、必要なのではないか。』

『生活の時間はクロノス、命の時間はカイロスといえるのではないか』


クロノスもカイロスもギリシャ語で時を表す。

ギリシャ神話ではカイロスは機会(チャンス)を神格化した神とされ、 
クロノスは通常のギリシャ神話にはみられない時間神として知られる。

Wikipedia の記述をみると
クロノス時間は、私たちの日常
過去から現在、未来へ一直線に一定速度で機械的に流れる時間。

カイロス時間は、速度が変わったり繰り返したり逆流したり止まったりする、
人間の内的な時間。

クロノスは時間だとすると、カイロスは時刻(時を刻む)だ。


さて、13の月の暦などを提唱した 故ホゼ・アグエイアス氏は
私たちがクロノス時間しか使わなくなったことを近代の様々な問題の原因とし
自然の時間(銀河時間)に回帰することの啓蒙につとめた。

13の月の暦は、自然時間に回帰する運動の「基本言語/暦」であり
暦を変えることで機械時間から離れ、人間性を回帰しようとする
「平和のための改暦運動」であった。

つまりは、Nさん言うところの「命の時間」を取り戻す運動でもある。


実は私が銀河時間/時間の法則の勉強会をする時に
真っ先に説明するのが「ふたつの時間」についてなのだ。

私たちは「時計」が発明されてから
「自然時間/ゆとりやユラギ」を古臭いものとして切り捨て
時間に追い立てられるように生きてきた。

たとえば日本は、規則正しく効率よく生活することで
右肩あがりの高度成長を成し遂げてきた。
機械時間はネジをしめる方の働きをするので
物事に秩序を与え形にするためには必要なこともある。

でもネジはしめすぎるとポキンと折れる。
締めると緩める、両方が必要なのだ。


命の時間/心の時間を非効率で時代遅れのものとし
生活の時間を優先することで日本は経済の発展を生み出した。

立ち止まるものは社会から切り捨てられ、
時には心の病の名を刻まれ薬漬けにされた。


時間に締めあげられていく中、繋がりは分断され
私たちは豊かさと共に孤独も手にいれた。
中には、心折れ、
時間から解放されるために死を選んだ人もいるだろう。


そして、いま 社会は
ポキンと折れる寸前まできているように感じる。

しばしの間 機械時間のしばりから離れ
命の時間を感じ、ネジを緩めなければ
私たちは人としての生を失うのではなかろうか。



勉強会でそんな話しを続けてきた経緯があるから
Nさんの「ふたつの時間」の話しに強く共鳴できた。

自分のやってきたことと、やろうとしていることが
同じリズムのものだと確信した瞬間でもあった。


それは、ホゼの言うところの
Day out of time
「時間をはずした日」のできごと。 


まだまだ、不思議な余韻の中にいる


そして、これは、どうも木星の恩寵であるみたいなので
この余韻、みんなにシェアします。

「興味と関心 寛いで立つことは
狭き門/高いハードルを どこでもドアに変える」
 
 これ ホント confident 

 Let's  try !

|

« ジュピターリターン~双子・木星 | トップページ | ふたつの時間 ~ 木星 »

グリーフワーク・命のこと」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

水星・金星・火星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジュピターリターン~双子・木星 | トップページ | ふたつの時間 ~ 木星 »