« ちょっとブレイク  | トップページ | 夏至に想うこと  »

台風と金星と

台風で被害のでないことを祈りつつの昨夜でした。
みなさま、縁故の方々、つつがなく朝を迎えられましたか。

台風の進路は5月の日食帯をなぞるようだぁ、と思いつつ
webニュースを読んでいたら
「6月の上陸は2004年以来8年ぶり」との記述を見つけた。

8年前の6月といえば、金星の太陽面通過=ヴィーナストランシットの月。

日食帯もヴィーナストランシットも、今のキーワードだなぁshine 
キラリと、音がなった気がしたよ。
 

ヴィーナストランシットは太陽・金星・地球の特別な直列がおこす現象。
地球と金星の公転軌道が重なる時におきる。

それは8年間の最初と最後で2回起き
そして105年または121.5年をへて、また8年で2回おきる。
大きなウエイブだ。


太陽・金星・地球の直列(金星の内合)は

583.92日(1.6年)に一度の周期でおき
8年で5回の内合するサイクルをもっている。

その内合をおこす位置を結ぶと、
それは8年で美しい五芒星☆型を描く。


今回の2回のヴィーナストランシットが作る8年は
2004年が☆型の始まりでもあるけれど
そこに至る121.5年 間の☆の軌跡の結びの年でもあり

2012年は☆型の終わりでもあるけれど
そこから至る105年の☆の軌跡の始まりの年でもある。

日本では前回の8年は明治維新と重なり
近代日本の幕開けであった。

維新・大政奉還・開国・文明開化・・・世の中はガラっと変わった。
ライフスタイルも価値観も、そして「正しさ」さえ新しくなった。



今回の8年を、私たちは何の幕開けとするのだろう。
何を「正しいこと」と規定し直し
どんな価値観をもって暮らしていくのだろう。


さて、キラリンときたから「8年ぶりの6月上陸」で検索したら
2004年のことがでてきたよ


2004年は6-11月の半年で10個の台風が上陸する
台風の集中上陸が起きた年なんだそうだ。
平均上陸数が2.6個/年なので、実に4倍。

そしてまた、2004年は中越沖地震 、スマトラ沖地震があった年。
美浜原発の事故で5人の死亡者がでたり
沖縄で大学の敷地に米軍のヘリコプターが墜落したり
韓流ブームの発端 「冬のソナタ」大流行の年でもあった。

全国公募で決まる2004年の漢字は「災」 
実に応募者の2割が選んだ、堂々の一位だったそうだ。


http://www.kanken.or.jp/kanji/kanji2004/kanji.html

「人間の身勝手さに自然や神が怒っている」と感じたり
「自然の前に人は無力である」と感じる人が多かった年。
(ちなみにスマトラ沖地震は漢字が決まってから起きている)


対になる2012年6月
天体の動きを知ってか知らずか台風4号は
新月直前、デトックスの極みの夜に日本を縦断していった。

明けて明朝は2012年夏至。
光の極まる時であり、あれこれ言われる2012年冬至へ向かう分岐点。


ちょっと自分のこと、自分の視点の先にあるもの
しっかり意識してみるのが いいかもしれないなぁ。

まだまだ、ウネリは続くのだ

Enjoy  now ! !

|

« ちょっとブレイク  | トップページ | 夏至に想うこと  »

ルーン・オラクルカード・易・13の月の暦など」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっとブレイク  | トップページ | 夏至に想うこと  »