« 牡羊の新月  | トップページ | スイッチ オン  »

Divine timing / 煌めく一瞬 

それまでの既知と既知とが繋がって、未知が開ける瞬間がある。

自分の記憶の別の引き出しに入っていたアレとコレが
何かの拍子に繋がる。

別々な時期に興味があったアレとコレが瞬く間に繋がり
点と点とが結ばれて何かの輪郭が浮かび上がってくる。

「あぁ、あれってこういうことだったんだ」と
新しい理解が生まれる。

それは、恋におちるのと同じ。
予測不能の一瞬。

いつ、どこで、どうやってそうなるかは わからない。
ましてや繋がった先に何があって
結果どうなるかなんてことは、誰にもわからない。

これも恋と同じ。

わかっているのは、私たちが Next!
未知の領域へ押し出されるんだ、ってことくらい。

そして私たちは、その一瞬がくるであろうことを
どこかで うっすらと感じている。 

日常的には意識していない奥深いところで
自分のどこかは、じっと「その時」を待っている。


訪れる一瞬は異なるサイクルの出会い。
強烈なシンクロニシティ。


アレとコレが出会って、見たことのない火花が散る。
新しい理解は心の内に灯る炎の煌めきだ。

Diveine timing

それは欲する時に来ないことが多いけれど
必要な時には必ず訪れる天の恩寵。


誰にでも、何度でも、必ず訪れる美しい契機。


私の規範/価値基準にあわないことなのに
一瞬よぎった何かのために
心のユラギがおさまらないのなら

それは もう 進めってことかもしれない。


だって次のサイクルが始まれば
私の価値基準なんてものは変わってしまう。
そんなもんさ。


さて「ふいにくる一瞬」の訪れは去年から目立って増え
今年の立春以降は煩雑に訪れるようになった。

既知から未知へ 

今まで生きてきた世界から、これから生きていく世界へ


いま私たちが経験しているのは、そんな節目の部分だ。

今はまだ既知の部分の帳尻を合わせるのに必死な人も
勢い余って未知へと飛び込んだ人も
同じ体験の渦中だ。

ただ、現れ/個々のプロセスが違うだけ。


怖がることはないよ。
難しく考える必要もない。
修行も、節制も、お布施も必要ない。



この春は
心を揺らし続けるものは何か
少しだけ 意識をむけてみれたらいいね。


|

« 牡羊の新月  | トップページ | スイッチ オン  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牡羊の新月  | トップページ | スイッチ オン  »