« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

三足目のわらじ 

「二足のわらじを履く」という言葉がある。
異なる二つの仕事を持つという意味を持つ。
副業が大流行りの時代だから「チーム二足のわらじ」を結成したら
けっこうな人数が集まるのではないだろうか。

自分自身も異なる仕事を持っている。

近くの老人ホームで朝ごはんを作っているのだ。
ご縁あって始めて、もう2年になる。

いろいろな事が重なって始めた仕事なのだけれど
たくさんの出会いに恵まれ、いい経験をさせてもらっている。

キッチンのカウンター越しに食堂が見渡せるから
朝ごはんを待っている方の顔や、食事をしている姿が見えること。
一緒に働く同僚がいること。

自分の仕事は基本的に一対一。
だからなのか、チームで働くことに独特の高揚感を覚える。
一つの目的に向かって協力し合って仕事をすること、
できた時の達成感と心地よい疲労感。

人間関係のトラブルだって多々あるのだけれど
悩み、話しあい、時には口論になったりして克服していく楽しさ。

そして早朝に出勤する時の空の色。
冬は漆黒の闇に瞬く星や月の輝き、
夏は朝日の染める燃えるような紅。
凛とした朝の空気の匂い。

色濃く豊かな経験の数々は、自分を滋養してくれるし
セッション三昧の日々をバランスしている。

ジュピターリターンの時期に始めた影響もあるのだろうけれど
自分にとっては精神的な豊かさを広げてくれるわらじなのだ。

続きを読む "三足目のわらじ "

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年12月 »