« 冥王星と太陽  | トップページ | 欲しいこと 必要なこと »

星の概況 2011 1月

(2013年 HPから移動してきた記事です)

◆◇◆ 星の概況 2011 1月◇◆◇

天体の奏でるリズムは、見たり聞いたりすることができません。

形がないので触ることもできなければ、
匂いをかぐこともできません。

だから星が日々の生活と共にあるなんてことを、
考えられなくて当然です。

けれど、それが日々の生活と共にあることを知ることは、
時をえた動きを選択することを助け、
人生の醍醐味を味わう「アンテナ」に
磨きをかけるということと言えるでしょう。

2011年前半は急激な変化/転換と、
それに伴なうチャレンジで満ちています。

人によっては息つく間のない日々を体験することになるでしょう。

それは時に心痛を伴なうこととなりますが、
同時に心痛を無視しても走り続けるような
熱気と焦燥、活力と暴走に満ちた時期でもあります。

そんな時には難しいことなのですが、
自らの心身を歪ませることは
この時期に最も避けたいことと言えます。

急進するウネリを歪んだ心身のまま体験することは、
たどりつく場所がズレてしまう可能性が多いからです。 

意識的に身体のケアをすること、
自分の今を客観的に眺める癖をもつこと。

それは、2011年を有意義に過ごす大事な術となることでしょう。

前半の助走期間は、2月まで。

1/23-26、物事の流れに勢いが増してくる感じです。
これから関係性(場所や人)について
決断・決定を迫られる局面が増えそうです。

2/18の満月以降、助走のスピードは加速します。
過去を甘美な記憶に塗り替えて、
「その場」に居続けようとすればベールは剥がされ
「辛い記憶」の側面もあったことを思い出させてくれるでしょう。

未知と既知。
どちらを好むかで、
この時期への評価や体験は変わってきます。

未知を楽しむか恐れるかでも、
体験する出来事は変わってきます。

さて もう助走は始まっています。
あなたは、どんな未来を創るのでしょう?

※以下は当時のセッション内容です
概況が含まれているので、ご案内部分を残してあります。

・・・・・・・・・・・・・・

そんな2011年前半のハジマリ。
Pre go では 星の言魂特別編で助走をサポートしたいと思います。

<< 星の言魂 特別編 Cosmic surfing 2011 >> 

前半の大きいシフトは3/12、4/4。
そのための助走に弾みがつくのが1/23・26。 
2/18からは舵取りが難しい日々となりそうです。

気になる方は ぜひどうぞ。

2011年、自分は何をおこすでしょう。

来年は深遠な夢見の力:海王星が、自分の城である魚サインに帰還します。

また急進的な変革の力:天王星は本格的に牡羊サインへと移り、
光悦と拡大の契機を提示する木星と共に
「新しい時代」へと私たちを投げ入れます。

 
星々の動きは、私たちに天の恩寵ともいえる「契機」をもたらします。

それに触発されて個々の意識が意図したものが、
私たちの体験=出来事として地上に顕れるわけです。

星々を意識することは無限の可能性を思い出させてくれます。

いいタイミングです。
来年の天体の動きを自分のホロスコープ上で眺めていきましょう。

天体の動きはどう働きかけ、私は何をおこすのか。

読みといていきましょう。

|

« 冥王星と太陽  | トップページ | 欲しいこと 必要なこと »

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冥王星と太陽  | トップページ | 欲しいこと 必要なこと »