« 「1/5-9 Listen again 」 | トップページ | 『無重力状態」 »

星模様2010 ふり返りとこれから 

(2013年HPから移動した記事です)


◇◆◇ 星模様 2010 振り返りとこれから ◆◇◆

2008年~の,星模様の振り返りです。

今おきてるウエイブは
2008年12月の満月~冬至の頃に発端があります。

片鱗を感じたのは2007年のクリスマスイブ。
それは具象化して目の前に現れ、
一瞬の光のように心に記憶を残して消えました。

2009年1月の満月の頃までは残り香を残しながら、
立春前には沈静化したことでしょう。

 
3月11日の満月~3月末頃、
似たような出来事を再び体験する機会がありました。

それは自分を今までの価値観の一歩外側へと導くものでした。

自分の価値観にコダワリがある人にとっては、
「不愉快な出来事」として記憶している事かもしれません。

場面が転換し始めたのは5月の連休位からだったでしょうか。

じりじりと何かが変わり始めたことを
実感した人も多かったでしょう。

変化に翻弄される人も
変化から自分の牙城を守るために必死な人も
変化を社会や環境のせいにする人も

どうであっても「変化」を求める気持ちは
どこかポジティブだったはずです。 

皆既日食の前後からその気持ちは熱気を帯びてきます。

8月の中旬あたりから熱気は渦を巻き、上
昇し下降し上昇し・・・

アクセルもブレーキも同時に全開になっているような、焦燥感。
ふんばる場所が揺らぐから、
歯を食いしばるくらいしか成す術がない日々。
(だからなのか、この夏~秋 歯を治療した人多かったです) 

重圧に喘ぎながら
「1日、また1日」と思って過ごした人も多いでしょう。

 
10月末、いきなり渦は収束へ向かいます。

飛行機が着陸する時に逆噴射をするように、
物事は進展と後退が入り乱れ
混迷の中で舞い上がった塵が落ち着くのを
待つしかないまま11月は過ぎました。

状況が落ち着くのが早かった人達の傾向は、
専門家/第三者の介入があったこと。

それから渦巻きが不運ではなく、
自然のタイミングの一つだと理解しようとした人も
早い時期に足が地面に着くのを感じたはずです。

12月に入ると全体的に澱みはクリアになり、
2日の満月は世の中がもう「あの頃」に戻らないこと、
自分の価値基準の物差しが変わってしまったことを照らし出しました。

16日の新月のお願いに、
それでもあの頃の自分が求めたものを書き続けた人は
自分が「欲する」ものと自分に「必要」なものが
違うのだと知ることになったでしょう。

 
冬至は、小さな選択の時でした。
人によっては一世一代の大決断になったかもしれません。
でも、たいては日常的習慣/決め事を変えようと思うことでした。

クリスマスの頃には「そうしよう」と決心し,
年内に何か形を成しておこうという気分が強くなり、
28-30日頃には何かアクションを起した人、
多かったのではないでしょうか。

そして普通だったら起したことに反応があるのだけれど
リアクションは空振りだったり、
言葉で巧みに丸め込まれたり・・・

どうも今ひとつすっきりしないままの新年となりました。

案件は保留・持ち越し…というのが、
社会的にも個人的にもトレンドだったようです。

やっかいなトレンドですよね。

ここに動きがでてくるのは今年2010年、1/12から。

去年の春分~5月の連休明けを思い出して下さい。
ひとつ外側をみること、視野を広げ別な視点を持ったかどうか。 

それが鍵になるようです。

もし当時は拒絶したのなら、
あらためて視野を広く持つ努力をしてみるといいかも。

1/16以降 
言葉の行き違いや混乱していた情報は回復の兆しを見せます。
でも今は無理に調停しようと気張らずに。

自分がすっきりしたいがために力をかけると、
関係自体を失うことになりかねません。

1/18以降、
自分の夢や理想に迷いがでます。
何のための理想だったか、
動機を確認しておいた方が良さそうです。

1/27-30 
心から向かいたい未来を強く思い、そのために何をし続けるのか。
しっかりイメージしてみましょう。

30日
獅子で満月になります。
獅子はアイデンティティの表明、自己尊厳の場。
この時期の獅子は火星の情熱の力で満ちています。
自分の意志を表明するのに、
これほど適した日はないかもしれませんよ。

立春は元旦以上に切り替わり感に満ちているはずです。

今年のテーマは自律と自力。
その上での慈悲と救済。信じる心。

スピリチュアル「ブーム」の代わりに、
スピリチュアル「ネットワークビジネス」が広がり
ピラミッドの頂点に押し上げられたカリスマは、
自らを神格化するかもしれません。

また同じ位の勢いで、
古い時代のように自然への畏敬の念が語られ、
自然や宇宙の摂理の中に神を見る・・・ 

現代人には新しく感じる「信仰」が広まるかもしれません。

 
まだまだ急旋回は続きます。

自分という身体の中心にリラックスして座ったら、
意志という操縦桿を持って、
どんどん軌跡を描いていってくださいね。

その軌跡が、
奇跡的な未来を生み出すことになりそうです。

|

« 「1/5-9 Listen again 」 | トップページ | 『無重力状態」 »

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「1/5-9 Listen again 」 | トップページ | 『無重力状態」 »