« 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  | トップページ | 「1/5-9 Listen again 」 »

「ひとめぐり」 

2009-2010年にmixiで書いていた日記を引っ越してきました。

「ひとめぐり」 2010/1/5


年末年始は仕事三昧で,
合間をぬって楽しい行事もあり…
フル回転だったなぁ

昨日は一日のんびりできたから
ずっとほっぽらかしていたmixiにきて
去年の日記を読み返してみたりした。

書いてある言葉を眺めていたら
そこには心の起伏/リズムがあって
今や過去と重なったり交わったり。

なんだか螺旋に渦巻く時の流れを感じたよ。

夏頃からの数カ月
あっという間だったのだ。

やったらどうなるか?なんて考えもせずに
「やってみたい」という思いだけで
動いちゃったことがたくさんあった。

そしてその一つずつ、点と点とが繋がってきた。


地球中心の占星学でみた時に、この一年は
私にとってのジュピターリターン。

産まれた時の木星の位置に進行中の木星が戻ってくる
およそ12年に一度の時期だった。


だから12年前を振り返ってみたら
その頃テーマにしていたものの
一回り外側の事に取り組んでいることに気付いた。


たとえば占星学はジオセントリック(地球中心)から
ヘリオセントリック(太陽中心)へ。

「命と食」というテーマも
家族や身内のためのものから大勢の人のためのものへ。


「12年前(過去)」と「今」という直線の時間の上でみれば
それは成長や進化よばれること。
または原因と結果でもあるだろう。

それはそれでよろしいこと。


でも私には,
くるっとひとめぐりして次の輪を描く,
そんな渦巻きにのっていることの方が 
なんだか嬉しく感じるよぴかぴか(新しい)


めぐりめぐる時の輪を生きる。
直線の時間はわかりやすいけど
時の輪は味わい深い。

どちらも同時に生きられるんだから
私たちはなんてラッキーなんだろう。

|

« 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  | トップページ | 「1/5-9 Listen again 」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

水星・金星・火星」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  | トップページ | 「1/5-9 Listen again 」 »