« 「ひとめぐり」  | トップページ | 星模様2010 ふり返りとこれから  »

「1/5-9 Listen again 」

2009-2010年にmixiで書いていた日記を引っ越してきました。

「1/5-9 Listen again」 2010/1/9


この数日のことの覚え書きえんぴつ

5日に久しぶりにmixiにきて
ヘリオコンパス地球暦のコミュを見にいったらクルーを募集していた。

「うわっ!参加したい!」って思い
衝動的にコメント欄に書き始めたけど
どんな形で参加できるのかが言葉にならなくて
ちょっと考えてみよう、と削除した。


翌日ヘリオコンパスのピンを動かしていたら
金星が自分が生まれた時の金星の位置を進行してるのに気付いた。

これって金星に乗ってるかも…と思って
一周前の同じタイミング(09’5/27)をみたら
金星内合にインスパイアされた星曼荼羅のセッションをしてた。


受胎~出産~自立(足の裏で自分を支える)と金星の周期を重ねた
種まきシートを作ったのもこの頃。

やっぱり参加したい!は金星のウエイブなんだ・・・ 




とはいえムードで参加するんじゃない気がする。

何のためにヘリオコンパスを活用して、,どう使うか。
今、参加するならば自分に目標や決意が必要な感じがした。


自分には何ができるのだろう…
自分がしたいことは何だろう…

それはヘリオコンパスを活用したボディーワークだ!


天体周期にのって身体に働きかける、というワークを数年続けてきた。
まだまだ百件にみたないセッション数だけど手応えがあった。

じゃ、ヘリオ・ボディーワーカーのチーム作れないかな…


それからやっっぱり食のことだ。
食は別の命を自分の命の循環の輪に取り込むこと。
大地のことはジオセントリック(地球中心)のことかもしれないけど
これからは食だってヘリオ的な視点をもてるんじゃないかな。


考えてみたら,ドキドキしてきた。

そうしたら、そこに新しいヘリオコンパスが届いた。

なんだぁ、このタイミング。


しかも開けたら表紙のイラストが駒井明子さんだった。
点と点が繋がりまくり。


今朝 再びヘリオのコミュへGo!
 
そしたら1/30出発のタイミングで乗船する人へのメッセージの中に
「目標とチャレンジ」という言葉があった。

あっ、やっぱりよかったんだ。

その理由は,火星なんだそうだ。

そして読み進めていくと、
杉山開知さんがヘリオコンパスの最初のインスパイアを受けたのが
2007年の12月24日だったという記述。


あぁ… 繋がった。

静かな震えがとまらなかった。


2007年12月24日。
あの日は夜中に天頂に満月が輝き 
その輝きの周囲に全天を覆うムーンボウができた。


そして私は見たんだ。
超新星爆発のような閃光を。


夜空に鮮やかなターコイズの光が輝き
まるで天使の羽根のように広がった。

身体に「新しい時がやってくる」という声が響いた。
キーンという高い音が響いていた。


私は「新しい時」を「水瓶の時代」かと思っていたけれど
ヘリオコンパスのことだったかもしれない。


だって、届いたヘリオコンパスを開いた時に
あの時の音を また聴いたような感じがするもの。


今、ふと見たら 13の月の暦/20の銘板で
1/3-9のweek24は codon4  Listen again / 再び聴く 


ほんとうにそうだねぴかぴか(新しい)

|

« 「ひとめぐり」  | トップページ | 星模様2010 ふり返りとこれから  »

ヘリオセントリック」カテゴリの記事

ルーン・オラクルカード・易・13の月の暦など」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ひとめぐり」  | トップページ | 星模様2010 ふり返りとこれから  »