« 「Lucky dragon NO.5  木星・海王星・キロンの三重奏」 | トップページ | 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  »

「満月・日食・月食」

2009-2010年 mixiに書いていた日記を引っ越してきました。


「満月・日食・月食」 2009/8/6


今朝は水瓶で満月。半影月食だった。

先月の新月/皆既日食から始まった月の周期が半分すぎ、
月は豊かに輝いた。

月の輝きは太陽光の反射。

太陽を肉眼で見ることはできないけれど
月に反射した光は目に優しく美しい。


1億5千万kmの遠くにあっても,
地上を明るく照らし,熱を与え,
命を育み,時には命を奪う。
太陽は強大なエネルギー体だ。


日食は,月の影に保護された地上で
普通では見ることが難しい太陽の領域に触れる一瞬だ。
コロナやプロミネンス(紅炎)が観測され
活発な太陽活動を実感できるだろう。


地球中心の占星学だと、太陽は天に投影した自己存在。
ホロスコープチャート上の太陽は,天を旅する自分自身だ。

ということは地球での日食は
自分の見えない領域に触れる一瞬。

自分の心の深み/本質に意識が触れ,
燃えるような魂の煌めきを感じ
慌ててて覆いをかける一瞬。


今日は月を介して,太陽の光を見上げることになる。
それは月を介して、太陽の光が降り注ぐことでもある。

日食で自分の深みに触れたことでできた心の壁の隙間から
月光の姿を借りた太陽光が優しく差し込んでくる。


父親(太陽)の意見に反発し部屋にこもっていたら
母親(月)がドアの外から父の言葉を優しく諭す…って感じかな。


前回の新月(日食)と今日の満月は、
自分の夢や理想からそぐわない部分をそぎ落とし
理想に向かうために土台を作りなおす。


削ぎ落としの基準は
道徳や法律でも,義務や責任でも
義理や人情でも,
ましてや仲間内だけで通じるルールでもない。

魂に恥じないかどうか、ってことみたいなんだ。


満月のエネルギーは明日まで続く。

周りでは「今まで大切だと思ってきたこと(関係や知識)が
実は足カセなんじゃないかと思えることがあった。」
「信じていた(はず)のものが色褪せてしまった」
という話しを、よく聞く日食以降。


天体ショーが見えても見えなくても
月の影が落ちていた場所は,
心が未知との遭遇しちゃったのであろう。

今ザワザワしていることは
大切にしておこう…っと。

|

« 「Lucky dragon NO.5  木星・海王星・キロンの三重奏」 | トップページ | 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  »

太陽・月」カテゴリの記事

星の言魂 」カテゴリの記事

春分.秋分.夏至.冬至」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Lucky dragon NO.5  木星・海王星・キロンの三重奏」 | トップページ | 星模様 長期編 2009年秋分~冬至  »