« タイミング 2009年6-10月・月毎  | トップページ | 「満月・日食・月食」 »

「Lucky dragon NO.5  木星・海王星・キロンの三重奏」

2009-2010 年にmixiに書いていた日記を引っ越してきました。


「Lucky dragon No.5  木星・海王星・キロンの三重奏」 2009/7/28


ここ数日 心から離れないことがある。

Lucky dragon No.5
幸運な竜と呼ばれた船の話だ。


1954年3月1日,
マーシャル諸島近郊で水爆実験が行われた。

試算のミスで、爆発の威力が計算よりも数倍強大だったため
島民や危険海域以外にいた漁船まで,
2万人を超えると言われる被曝者がでた事故だ。

のちに映画化され,
海外ではLucky dragon No.5と訳された第5福竜丸は,
危険海域外で操業中に,放射性降下物(死の灰)で被曝した
日本のマグロ漁船のことだ。

乗員23名全員が被曝し,帰国。

乗員は急性放射能症の症状で都内で治療を受けた。
積み荷のマグロからも強い放射能が検出され
「放射能マグロ」は廃棄され不買運動が広がった。

5月には日本各地でも放射性雨が計測され,
放射能汚染は大きな社会現象になったという。

7月20日に、私がたまたま見たblogに
7月20.21日に行われる「安房平和映画祭」のバネル展
「あなたは第5福竜丸を知っていますか?」の告知がされていた。

福竜丸の話は知っていたけれど,
ちょっと気になることがあったのでweb検索をしたら
帰国半年後に都内の病院で亡くなった乗組員
久保山愛吉さんの遺族写真に出会った。

喪服を着た奥さんと
身をよじるようにして手をあわせる少女の姿に
しばらく涙がとまらなかった。


かわいそう,だとか悲しいとか,
そういった私個人の感情ではなく

奥深い何かが,その写真と共鳴していて
私の瞳を出口として
涙となってあふれでる感じだった。


自分の方にも,誘因となる出来事があったから
blogの記事にピンときて調べたわけなんだけれど,
これは「集団の痛みの記憶」のようなものが
表出してきているんだなぁって思っている。


個々の奥深くに潜む「集団の痛み」が
表出しようと出口を求めるってことには,
星模様で今(年)の特徴でもある
木星/海王星/キロンの三重奏@水瓶が
響いてる感じがするなぁ。


木星は意識を拡大し、また求める者に保護を与える。
海王星は無意識の領域から浮上する記憶や夢。
キロン(カイロン)は傷と癒し,そして高度医療と占星学。


三重奏の舞台となる水瓶は、境界を越えたボーダレスな空間だ。


痛みの記憶が表出するということは 
それが解放と癒しを求めていることと共に
「同じ痛みを繰り返すな」との警告でもあると思う。

星模様からすれば両方だろう。

これはもう祈念の式典などで
「二度と繰り返しません」とスピーチするだけでは間に合わない
…ってことなのかもしれないな。


涙も落ち着き,調べ物も終えて
WebのNewsを開いたら
目に飛びこんできた見出しがある。

「第五福竜丸の久保山愛吉さんのカルテや資料が見つかった。
現代医学での原因解明が研究される模様」
という記事だった。(⇒文末に追記)
見つかったのは7/13で記事は7/20未明発表。

病院の倉庫にひっそりと眠っていたものが
55年ぶりに現れたのだ。

13の月の暦で 55年の55をkinナンバーとして考えると
kin55は広島に原子爆弾が投下された日のkin番号になる。


安房で「第五福竜丸を知っていますか!?」と世に問いかけている日に
併せたかのように発表された記事に
見えない不思議な繋がりの力を感じたのだ。


久保山さんの最後の言葉は
「身体の下に高圧線が通っている…
原水爆の被害者は私が最後にして欲しい!」 だったそうだ。

でも、きっとその言葉は,
今でも地球上のあちこちで,誰かが繰り返している。


その言葉が,もう繰り返されないように
その痛みがもう繰り返されないように
 
そのために今は、大事な時なのかもしれない。


では、何をすればいいんだろう。

そう思って見渡せば,核問題というのは地球規模だ。
人類が開けてしまったパンドラの箱。

祈りや願いではどうにもならない話しだから
見なかったふりをする選択だってあるのだろう。

でも、どうも、今の星模様でみると
地球のため人類のための祈りや願いや行動を,
見えない力はサポートしてくれる感じがするし
行動するように促している感じがするんだ。


心から離れないってことは,離せないってことだし
核の問題への個人的な発端は小学生の頃で
最近はそれが顕著に浮上してきているわけだから

やっぱり行動に移せってことなんだな。

う~ん、でも、なにから,どうやって??? 

2011.11.19 追記

当時は「放射線被爆の影響だけとはいえない」とされていた死因が
高線量の放射線の外部被ばくおよび内部被ばくによる
免疫系破壊、
多臓器不全が原因であったことが検証された。

|

« タイミング 2009年6-10月・月毎  | トップページ | 「満月・日食・月食」 »

水星・金星・火星」カテゴリの記事

天王星・海王星・冥王星」カテゴリの記事

キロン/カイロン」カテゴリの記事

グリーフワーク・命のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タイミング 2009年6-10月・月毎  | トップページ | 「満月・日食・月食」 »