« 星模様 2009年 2月 | トップページ | 「春分」 2009/3/21 »

星模様 2009年 3月

(2013年 HPから移動した記事です)


◇◆◇ 三月節の星模様 2009年 3/5-4/4 ◇◆◇

ちょうど立春の頃、私たちに一枚の白い紙が届きました。

心の内にあるポストに
年齢も性別も関係なく配られた天からの贈り物です。

今この時期、届いた気配に気づいた人は意識的に、
気づかなかった人も無意識に
その紙に新しい自分の姿を描き始めています。

それは見果てぬ夢で終えた過去の理想像でも、
誰かを真似した姿でもありません。

今までの自分だったら、自分らしくないと思っていたり、
自分の人生には有りえないと思っていた姿や役割・・・
そんなものがヒントになっています。

なんでもいいんです、なんでも「有り」なんです。

そして、まだまだ形にもならず、なれるかどうかわからなくたって、
天のサイクルからみると
全てが個々の人生の中ではアタリです。

だって、自分の新しい青図/ブループリントなんですから。

今年は前半、6月頃まで、
私たちは自分の内に次の「イメージ」を夢見つづけます。

人と関わるのが苦手な人が、
人と関わる仕事に心ひかれるかもしれません。

自分には似合わないと思っていた服を
衝動買いしてしまった人もいるかもしれません。

心の内に顕れた衝動に胸がトキメクのを感じたり、
そんな自分にびっくりしたり、
中には慌てて覆い隠そうとする人もいるでしょう。

どんな態度をとったところで、顕れたということは、
既に新しい自分の輪郭を描き始めているということです。

今のような時期、私たちは心のブレを感じたり、
人間関係が急に「違ってしまった」ように感じやすいものです。

人は自分で自分を見ることが難しいので、
鏡や映像に映った自分を見るか、
他者の眼差し・視線の先にある自分を推察します。

でも新しい青図、魂のnew order は、自分で薄々感じるだけです。

まだ他者の視線の先に見出すことはできません。
 

それは逆も然りです。
青図をなんとなく意識した人にとっては、
「今までの自分」を映し出す他者の視線に、
違和感を感じたり、理解されていないと不満を感じるかもしれません。

中には「相手が態度を変えた」と思う人もいるでしょう。

違和感から今の人間関係を断ってしまったり、
仕事等の社会的な役割を辞めたなら
もしかすると、次の青図は
内的にも外的にも大きく違うものなのかもしれません。

揺らぎ、ふらつき、ブレを感じるならば、
内的な変化だったり、
変化の気配を無かったことにしようと
猛烈に抑圧・抵抗しているのかもしれません。

適当なところで折り合いをつけず、
6月位まではプロセスを前向きに楽しんでください。

忘れないで欲しいことがあります。

違和感や人間関係の変化。
それは、ただただ、時を告げる合図だということです。

不況のせいでも、運が悪いわけでもありません。

ましてや、親や先生・上司や同僚のせいでもないし、
先祖の因縁なんかでもないのです。

「何かのせい」にしていたら、
天の贈り物をドブに捨てるようなものです。

11日満月から13日をピークに、
高揚した気分と不安や緊張とが交互に心を揺らします。

それは19日の下弦の月あたりまで続き、
27日の新月に向けて
古い秩序や役割を壊そうとする衝動が増大するでしょう。

3月20日 春分を迎え、天では新しいサイクルが始まります。

新月直後28日の早朝には金星の内合があり、
天王星と土星が華を添えます。

かなり控えめにみても、
春分前後からしばらく天のエネルギーは強力なものになります。

そして、その恩寵は個々に等しく、制限なく届くことでしょう。

この時期、折にふれて空を仰ぎみることを意識してください。

その時には感謝の気持ちを忘れずに。

天のエネルギーは心を豊かに潤し、
しなやかに時をジャンプする活力をもたらすでしょう。

|

« 星模様 2009年 2月 | トップページ | 「春分」 2009/3/21 »

星模様」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 星模様 2009年 2月 | トップページ | 「春分」 2009/3/21 »