12サイン

メモ 2 ~ Another worldと数と12サインなど  

(メモ1からの続きです)


8は7で出会った差異・ギャップを超えるための準備。よく知られる九星学で8は八白土星。『動かざること山のごとし』に例えられる、機を待つ不動の力。
ウエイト版タロットでは、まさに『力』のカード。精神集中による継続の力や、達成させる力。12サインで8番目は蠍。集中した洞察・探求、究極の自己保存能力。
8は外からは止まって見えるけれど、そのうちに秘めた動きや力は無尽蔵だ。


9は一の位の最後、最高位の数。次の10では、位が一つあがる。
8の力の集積による安定から、さらに上を目指すための一歩。勢いだけではあがれない。8の集中力を更に先鋭化して10という高い天井を突き抜ける必要がある。
九星学での9は九紫火星、天・最高位・神の象意。そして12サインで9番目は射手、朗々と天高く燃える精神の火矢。

 

続きを読む "メモ 2 ~ Another worldと数と12サインなど  "

| | コメント (0)

メモ 1 ~ Another worldと数と12サインなど  

(海王星のこと書こうと思って下書き始めたら、けっこうなボリュームになってしまいました。メモ代わりに記事に残します。
数がツボの人、いるといいなぁ^^)


個人的なことなのだけれど、Another world Another life というセッションを始めてから10年がたった。...たっていた(笑)
実はすっかり忘れていたのだけれど、ひょんなことで気づいての今。


思い出すきっかけは、RさんからAnother world...の予約をいただいたこと。
10/26のことだった。
Rさんは、ふと思い立ったようで、
私も 『あっ、これ 蠍の新月だなぁ』くらいに思っていた。

「見えないけれど強く影響しあっている縁」たちと集うAnother world...は、もともと水サインと相性がいい。
Rさんは俗にいう「蠍座の人」ではないが、高感度のアンテナを蠍に持っている。
この時期にセッションを思い立ったのは、そのアンテナが時をキャッチしたからだ、と。

でも、話はそれで終わりではなかった。

続きを読む "メモ 1 ~ Another worldと数と12サインなど  "

| | コメント (0)

7/4 新月 ~7/3今宵 ココロゆらぐなら

6/20満月+6/21夏至の転換でぐっと踏み出した一歩は、 自分の見えるルーツ見えないルーツの両方を震撼させている。

なんでかといえば、体感しているワタシの変化
つまりは、いま自分が「肌に合う」「フィーリングが合う」と感じるものは、 いままで自分がヨシとしてきた雰囲気や 共感できたものとは違ってきている、という変化を
陽の極みである夏至の太陽光や それを反射した満月光が ぺろんと明らかにしてしまったからなんだ。


6/28下弦の月は、 「変わっていく私」もっといえば 「こんなもんじゃない私」を刺激し、 今の役割をこなしながらも新しい縁や可能性の突破口を探すことを促していた。

そこを経ての新月は 明日7/4 20時、蟹サイン。
蟹は 活動の水サイン、 東南アジアのような気温と湿度の高い空気感。 もわんとした空気ごと ヒトくくりにされるような、共通・共感による繋がりの場。

続きを読む " 7/4 新月 ~7/3今宵 ココロゆらぐなら"

| | コメント (0)

6/5 新月 ~ 死神と悪魔は新しい扉を切り開く 1

本日 11:59 双子で新月
前記事に書いたように、種まきの新月。

新月は、地球から見上げる同じ場所に太陽と月が巡るタイミング。
夜空に月の姿はみえない。

姿形や昇る時間は変わるけれど夜空に必ずある月が見えなくなる新月は、 見上げるものからしてみれば 心の揺らぐタイミングなのだと思う。
特に夜が暗く、朝日が待ち遠しかった頃は。
月明かりがわからない位に明るい夜を過ごす私達。
それでも新月/満月に心身の変調を感じる人が多いのは、月星を見て暮らした頃の記憶が受け継がれてるのかもしれない。

その姿を消した翌日には細い光が空に戻り満月へ向かうことから、新月を1=周期のハジマリに使うことは多い。
月と太陽の暦、 旧暦の月の始まりは朔日(ついたち) 朔(新月)の日というように。

続きを読む "6/5 新月 ~ 死神と悪魔は新しい扉を切り開く 1"

| | コメント (0)

4/26 月が射手をめぐる時~twitter まとめ

4月25日
昨夜21:45月は射手サインへ。 前回,月が訪れた時(3/28 15:45-3/31 2:44)の射手は土星が逆行した直後。 火星/土星の力関係が転換中。 同じ火サインの牡羊を進行する太陽.水星.天王星からの煽りを受け, 射手サインの「次なるもの」を探求するムードがせめぎあっていた。


4月25日
「これ(ここ)じゃない」と感じる日常で、 日々のルーティンをこなしながら「次」の目当てを見つけるのは相当に力がいる。 たとえば激務の職場に通いながらの転職活動、 日々の暮らしが経済的に枯渇する中で専門的な知を探求する等。 眼差しを目指す方へ向け続けるには強い動機と努力が要求される。

続きを読む "4/26 月が射手をめぐる時~twitter まとめ"

| | コメント (0)

4/26 月が射手をめぐる時~twitter 補足

星よみに使う天体で月は最も身近なものです。

1つのサインを約2日半という早さで巡り、太陽と連携して 新月/上弦/満月/下弦/新月.. と 日々刻々の節を刻み続けます。
満潮干潮  潮汐のリズムを作ったり、暦の基準になったり、様々な行事と結びついたり、と実際的な生活と近いところにあります。

星模様にみる月の在処や状態は、そういった身近な物質的な事にも 目に見えないような領域の事にも  分け隔てなく反映されます。
月には物質的な側面と非物質的な側面、 二面性があるのでしょう。

Twitterの溢れ流れていくようなタイム感と 常に形を変えていく月は、馴染みがいいように感じます。 ついつい月の事をtweetすることが多いのも そういうことなのかもしれません。

今回とりあげたのは射手の月 (4/24 21:45-4/27 8:54)
射手には火星.土星が滞在中ですので、 ここしばらく月は射手に巡る度に火星土星と交感します。 移り変わる気分的なものだけでなく 長い期間の事にも波及します。
あとで使えるな、と思ったので tweetまとめてみました。
(まとめは 次記事の方です)

続きを読む "4/26 月が射手をめぐる時~twitter 補足"

| | コメント (0)

tweet まとめと補足~4/7 牡羊の新月へむけて

4/7 牡羊で新月。
月は春分で新しいサイクルを始めたばかりの太陽と交感し、次のサイクルを始めます。

この7日の新月にふみ出す一歩は、想うより大きく長期的なものになりそう。
なので  新月のこと書く前に新月へ向けてのtweet まとめます。

4月4日
(今の星模様が)大切なのは、 月が希望の水瓶→夢見の魚と進んだあと ハジマリの牡羊で4/7 新月ってこと。 ハジマリの牡羊で始まる新月は一年に一度。 夢やイメージした方に進み始めると、 「今」の環境や関係は変わるかもしれない けれど    こわがらないで。 星が紡ぐものは 人が想う事よりずっと、必然的&調和的☆


4月1日
今日4/1、日付が変わってすぐ月は山羊で下弦。 照らす太陽は牡羊。 山羊/牡羊の両サインには、 冥王星と天王星のコンビネーションが告げる 社会構造の変化の気配が満ちている。 それは3.11の頃から実際的な現象として 目の前に現れ始め、 絶望と希望を刺激し続けている。

続きを読む "tweet まとめと補足~4/7 牡羊の新月へむけて"

| | コメント (0)

時を告げるもの ~春分. 3/23満月. 3/25土星逆行開始

前記事から続きます 

さて2016年は 3/20春分の勢いに運ばれるように3/23満月になる。

3/23満月は天秤に入ったばかりの月が 春分点を越えたばかりの太陽と向き合う。
満月は月の巡りのピーク,転換点。 今回の巡りの始まりは3/9魚の新月/日食だ。
魚は 12サイン/360度の結びの位置、 終わりと始まり、過去と未来を内包するサイン。 そんなmatrixのような場での新月は、 「これから どんな自分として生きるつもり?」という問いかけを 心の奥深いところにまで響かせた。


「こう生き(て)ると、こうなるよ」という例を 見せつけられたかもしれない。
天啓、お告げ、目に見えないメッセージとして届いたかもしれない。

新月のあと3/15頃をピークに、もしかしたら今もまだ 矛盾する想いは行きつ戻りつしてる。

続きを読む "時を告げるもの ~春分. 3/23満月. 3/25土星逆行開始"

| | コメント (0)

射手の土星・蠍の土星 その後2

☆前記事から続きます

土星の話をする時に、鯛焼きの喩えをするのだけど
鯛焼きの型を土星とすると
土星は頭から尻尾までしっかり餡の入った
完璧な形の鯛焼きを焼きあげるの目標とする。

最初は餡の入り具合、
つまりは不足な部分をチェックされる。

土星がコンプレックスや後回しにしてた問題、
苦手意識を刺激するように感じるのは
たいてい不足部分のチェックが先にくるからだ。

続きを読む "射手の土星・蠍の土星 その後2"

| | コメント (0)

射手の土星・蠍の土星 その後1 

土星が射手に入って一ヶ月。
いまちょうど射手の4度ちょっと手前まで進んでいる。

このあと3/15、日付が変わった直後に逆行し
逆行したまま6/15 9:42さそりへ戻る。

さそり滞在は約3ヶ月。
8/2に順行に転じた後、
スピードを回復し9/18 11:44射手へ戻ってくる。

以降、2017年12/20 山羊に移るまで土星は射手で力を揮う。

すごく大雑把にいえば
去年12/24から6/15までの半年は射手土星のプロローグ。

今秋から2年ほどかけて構築するテーマの序章だ。

続きを読む "射手の土星・蠍の土星 その後1 "

| | コメント (0)